ここから本文です

不明高齢男性を鉄道アテンダントが保護 市と情報共有実る

8/13(月) 8:45配信

福井新聞ONLINE

 行方不明となっていた福井県あわら市の高齢男性を電車内で発見し、保護したとして県警あわら署は8月9日、えちぜん鉄道のアテンダント、渡辺真理さん(34)に感謝状を贈った。

 男性は7月31日午前7時ごろ行方が分からなくなったが、高齢者見守りシステム「安心生活ネットワーク」に登録があり、市が近隣市町と情報を共有。同社にも情報が届き、アテンダントが持つタブレットに男性の顔写真や服装などの情報が送信された。

 同鉄道三国芦原線で勤務中だった渡辺さんは、車内にいた男性の顔や服装が情報と一致したことから「家族が探しているみたいですよ」と優しく声掛け。男性の自宅の最寄り駅で同署員に引き渡した。

 贈呈式では同署の谷崎哲志署長が「業務の傍ら、行方不明者の捜索に協力してくださりありがたい」と話し、感謝状を手渡した。渡辺さんは「情報を見たとき、はっとしてすぐに声を掛けた。無事見つかって良かった」と安心していた。