ここから本文です

被災地で静かなお盆を…倉敷市真備町でボランティア受け付け3日間休止

8/13(月) 11:41配信

KSB瀬戸内海放送

 西日本豪雨の被災地倉敷市真備町では、静かなお盆を迎えています。

 倉敷市真備町の真備公園墓地には、午前中から多くの人が訪れ、先祖に手を合わせていました。

(墓参りに来た人はー)
「ご先祖様に命があったことを喜んでおりまして、災害に遭いましたけれど、これからだな頑張っていかないとなと思っております」

(記者)
「倉敷市真備支所前です。テントは全てたたまれ、こちらはボランティアの受け付けになっていますが、今は片付けられています」

 倉敷市では、被災者が静かにお盆を迎えられるよう、13日から3日間はボランティアの受け入れを休止しています。

(被災者はー)
「お盆は休んで、またボランティアの方にはお盆明けからお願いしたいです」

最終更新:8/13(月) 12:07
KSB瀬戸内海放送