ここから本文です

加古川ダムの遺体 女性は10日死亡

8/13(月) 0:26配信

ABCテレビ

ABCテレビ

兵庫県加古川市のダムで、衣装ケースに入った女性の遺体が見つかった事件で、司法解剖の結果、女性が死亡したのは10日午後とみられることがわかりました。

11日午前、加古川市の権現ダムで、釣りに来た男性が、遺体が入った衣装ケースが浮いているのを発見し、その後、遺体は20代の女性とわかりました。衣装ケースにはロープのようなもので重りがくくりつけられていたということです。司法解剖の結果、死因の特定には至りませんでしたが、女性が死亡したのは、10日の午後とみられることが新たにわかりました。遺体に目立った外傷はなく、身につけていた白いTシャツと長ズボンにも、乱れはなかったということです。衣装ケースの中からは、女性が大阪府に住んでいることを示す所持品が見つかっていて、警察が身元の特定を進めるとともに、死亡の経緯を調べています。

ABCテレビ

最終更新:8/13(月) 1:56
ABCテレビ