ここから本文です

「勝ち負けだけが大事じゃない」日本ペイント・三原監督の卓球指導はなぜ楽しいのか

8/13(月) 7:30配信

Rallys

産声をあげてまだ1年半の日本ペイントマレッツを監督として率いる三原孝博は、Tリーグ開幕を迎えるにあたり「勝ち負けがすべてではありません」と言い切った。「選手たちには観ている人たちに卓球の楽しさが伝わるようなプレーをしてほしい」と。自身、実業団の選手時代に突然卓球ができなくなる状況に追い込まれた経験をしたからか、その視線はリーグや日本卓球界全体の未来をしっかりと見据えている。 (城島 充)

【画像】平野早矢香、石川佳純との艶やか浴衣2ショット公開 ファンから絶賛の声

三原孝博監督(Tリーグ・日本ペイントマレッツ)独占インタビュー

――チームに加入した田代早紀選手、松平志穂選手に聞くと、2人とも「三原監督の指導は遊び心があって楽しい」と言ってました。

三原孝博氏(以下、三原):選手がそう感じてくれているなら何よりですね。僕たちが若いころは厳しく指導されましたが、振り返ってみると、ときに理不尽な理由で怒られたりしたことで身になっていることって意外と少ないんですよね。それより、自分自身で考えて形に移したことが身になっている。何より、選手が楽しくないと、観ている人たちに卓球が楽しいとは感じてもらえませんから。

――実業団時代に所属チームが突如休部になるという経験をされている三原監督にとって、卓球の新リーグが開幕することに特別な感慨があるのでは?

三原:チームの活動ができなくなり、一旦は会社に残って半年間人事の仕事をしていたのですが、ずっと卓球のことばかり考えてモヤモヤしていました。そんなときに、日本生命でコーチをされている竹谷康一さんから『卓球に戻ってこいよ』と声をかけていただきました。以来、女子代表のスタッフの一員として日本生命の村上恭和総監督からいろんなことを教えていただきました。安定した職に恵まれながらも卓球への未練を断ち切れなかった僕ですから、今、若くて現役であったら、プロリーグでやりたいと思うでしょうね。昔はプロリーグが海外にしかなくて、水谷隼選手や岸川聖也選手ら限られた選手しか海外に渡ってプロとして腕を磨くチャンスなかったですから。そういう意味では今回日本でTリーグが開幕することは、選手たちにとって大きなチャンスだと思います。日本ペイントの選手たちにも、このリーグでプロフェッショナルとして切磋琢磨しながら世界を目指して欲しい。

1/2ページ

最終更新:8/13(月) 7:30
Rallys