ここから本文です

非鉄製錬8社の4~6月期、5社が経常増益。非鉄価格上昇、需要堅調

8/13(月) 6:02配信

鉄鋼新聞

 非鉄製錬大手8社の18年4~6月期連結決算が先週までに出そろった。銅や亜鉛、ニッケルなどの非鉄金属価格が上昇したことに加え、電子材料などの需要も堅調に推移したことなどから全社が増収、5社が経常増益となった。一方、4~9月期の損益予想(公表6社)では、2社が上方修正したが、足元の非鉄金属価格が弱含みで推移していることなどから3社が前回予想を据え置き、1社が下方修正した。

 三菱マテリアルは、銅価上昇があったが、受取配当金の減少やセメント、金属、アルミなどの事業の減益などから経常減益。JX金属は、チリのカセロネス銅鉱山が四半期ベースで初の黒字化を達成し、資源開発事業の損益が大幅に改善したことに加え、銅価上昇や電材加工事業の増益などから増益。住友金属鉱山は、資源事業が金および銅の鉱石品位の低下などから減益となったが、銅やニッケルなど非鉄金属価格の上昇に加え、電池材料の増販などから増益。
 三井金属は、亜鉛・鉛価格の上昇や為替差損益の好転に加え、前年同期に亜鉛製錬設備の大規模定修があったことなどから経常増益。DOWAホールディングスは、亜鉛の買鉱条件の悪化や電力単価上昇の影響などで製錬事業が減益となったことなどから経常減益。古河機械金属は、産業機械、ロックドリル、金属、電子の各部門の増益で経常増益。東邦亜鉛は亜鉛・鉛の価格上昇に加え、前年同期は豪州・エンデバー鉱山が計画減産中だったことから経常増益。日鉄鉱業は石灰石の販売が増加したが、チリ・アタカマ鉱山の減販などから経常減益。
 4~9月期の最終損益予想では、住友金属鉱山と古河機械金属の2社が上方修正した。住友金属鉱山は銅やニッケルなどの価格が前回予想を上回る見通しとなったことから税引前利益の予想を前回予想比で30億円上方修正。古河機械金属はロックドリルとユニックが好調に推移していることから経常利益予想を前回予想から5億円上方修正した。一方、三井金属はキャリア付極薄銅箔の販売量が前回予想を下回る見通しとなったことに加え、金属価格も想定を下回って推移していることなどから経常利益予想を前回予想比で70億円下方修正した。

最終更新:8/13(月) 6:02
鉄鋼新聞

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい