ここから本文です

ナダル偉業達成、史上4人目の通算80勝目 ロジャーズ杯5年ぶりV<男子テニス>

8/13(月) 7:46配信

tennis365.net

ロジャーズ・カップ

男子テニスのロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)は12日、シングルス決勝が行われ、第1シードのR・ナダル(スペイン)が世界ランク27位のS・チチパス(ギリシャ)を6-2, 7-6 (7-4)のストレートで破り、2013年以来5年ぶり4度目の優勝を果たした。さらに1968年のオープン化以降で、史上4人目となるキャリア通算80勝の偉業を達成した。

【錦織vsルブレフ 1ポイント速報】

決勝戦、世界ランク1位のナダルは第1セットを先取し、第2セットも第1ゲームでブレークに成功する好スタートを切った。しかし、第10ゲームのサービング・フォー・ザ・マッチではダブルフォルトなどのミスが影響してチチパスにブレークバックを許し、第12ゲームではセットポイントを与えた。

その後、再び息を吹き返したナダルはピンチを切り抜け、最後はフォアハンドのウィナーを決めて1時間41分で今季5勝目、四大大会に次ぐグレードの「ATPマスターズ1000」33勝目をあげた。

次週のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)で第1シードのナダルは初戦でM・ラオニッチ(カナダ)と予選勝者のどちらかと対戦。チチパスは第11シードのD・ゴファン(ベルギー)との1回戦に臨む。

一方、チチパスは20歳の誕生日にツアー初優勝とはならなかった。今大会では世界ランキング・トップ10の4選手を破る快進撃で「ATPマスターズ1000」初の決勝進出を果たしていた。

最終更新:8/13(月) 7:46
tennis365.net