ここから本文です

りゅうちぇる、歌手活動は“影”も表現「ただハッピーなだけじゃなく…」【動画付き】

8/13(月) 18:31配信

オリコン

(C)ORICON NewS inc.

 モデル・タレントのりゅうちぇる(22)が、歌手名義「RYUCHELL」として初のファンイベント『CANDY SUMMER PARTY W/ CHELCHELS』を13日、都内で行った。今年2月にアーティストデビューを果たしたりゅうちぇるは、多くのファンが集結したステージからの光景を見て「泣きそう~!」と感激の表情を浮かべた。

 この日のミニライブでは、デビュー曲「Hands up!! If you’re Awesome」、妻・ぺこ(23)との間に誕生した長男・リンクくんへのメッセージソング「Link」(15日配信リリース)の2曲を熱唱。初ステージながら、堂々としたパフォーマンスでダンスやラップを披露した。

 ステージでは、時折“クール”な表情を垣間みせていたアーティスト・RYUCHELLだが、トークショーでは“通常運転”に。「疲れた~」と普段のトーンで切り出すと「きょうのために本当に頑張りました!」というダンスに手応え十分の様子だった。

 歌手活動のきっかけを問われ「SNSでもバラエティーでも伝えられないことがあった」と真剣な表情で切り出したりゅうちぇるは、「ただハッピーなだけじゃなく、ハッピーに持っていくまでにつらいことも悲しいことも経験した」と、イジメを受けた学生時代を回顧。

 バラエティーでは、少しおちゃらけた明るいキャラクターが印象強いが「自分を出していこうと思った過程を届けたいし、どうやって強くなったのか、どうやってぺこりんと出会えたのか、歌を通して届けていきたい」と熱弁。歌手活動では、自分の“影”とも言える一面とも向き合っていく。

 また、改めてパパになったことを祝福されると「ありがとう~」と笑顔。「リンク」という名前を発表した際には「キラキラネームだ」と批判もあったというが「自分の子どもに(名前を)テキトーにつける親なんていない」ときっぱり話し、ファンからの質問に答えながら「大人になって、パパになったから、これからも頑張っていく!」と決意新たに語っていた。

最終更新:8/13(月) 18:31
オリコン