ここから本文です

台風15号 九州南部・奄美に14日接近 急な風の強まり、高波に注意

8/13(月) 11:10配信

ウェザーマップ

 台風15号は、あす14日(火)午後には、九州南部・奄美に接近する見込み。強風や、うねりを伴った高波に注意が必要だ。
 台風15号は、13日午前9時には、父島の南西およそ320キロにあり、1時間20キロの速さで北西へ進んでいる。中心の気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速は35メートル。台風は日本の南を北西に進み、14日午後には九州南部・奄美に接近し、その後15日(水)にかけて東シナ海を西北西に進む見込み。

強風・高波・高潮

 九州南部・奄美は、14日は台風の接近に伴い急に風が強くなり、海はうねりを伴ってしける。また、西日本の太平洋側でも、うねりを伴い波が高くなる見込み。14日に予想される最大瞬間風速は、九州南部・奄美で25メートル。14日に予想される波の高さは、九州南部・奄美で5メートルとなっている。強風やうねりを伴った高波に注意が必要だ。また、年間でも潮位が高い時期であるため、台風接近時の高潮にも注意が必要となる。

最終更新:8/13(月) 11:14
ウェザーマップ