ここから本文です

「1秒たりとも手を抜かず、役割を全うする」アルバルク東京 林邦彦社長が見据える今シーズン

8/13(月) 7:30配信

バスケットボールキング

昨シーズン、悲願のBリーグチャンピオンの座をつかみ取ったアルバルク東京。8月5日、ホームアリーナであるアリーナ立川立飛にて500名以上のファン・ブースターが集結して2018-19シーズンの新体制発表会と「ALVERCARSフェスタ」が開催された。イベント終了後、林邦彦社長に昨シーズンのチャンピオンに輝いた時の心境や今シーズンに向けての抱負を中心に、様々なことをうかがう機会を得た。「連覇」という2文字と90,000人という総観客動員数の目標を掲げて今シーズン戦うディフェンディングチャンピオン。今何を思い、これから前に進んでいくチームのために何を行うべきか。クラブのトップからのストレートな言葉を感じてほしい。

取材・文=鳴神富一

Bリーグ3年目は2年間の経験をファンへ還元するシーズンに

――改めて昨シーズン、チャンピオンに輝いた時の気持ちを教えてください。
林 Bリーグ開幕時からそれまでのクラブの歴史や選手層も含めて、優勝するのではないかとずっと言われてきたクラブが、初年度はセミファイナルでいい試合を演じたけど負けてしまいました。そこから改めてしっかりとトレーニングに取り組んで、最終的にチャンピオンの座を獲得したわけです。これまでであれば、8月にチームを始動するところを7月に早めて、そこから長い8カ月間の中で積み上げがしっかりとでき、そして結果が出たことがうれしかったです。チャンピオンになった瞬間の喜びよりも、それに対する想いの方が大きかったと言えます。

――チャンピオントロフィーを掲げた瞬間の気持ちは?
林 見た目よりもずっと重かったですね。それと自分の立場からすると今までは他のスポーツも含めて、セレモニーなどは視聴者としてテレビを通して見ていました。自分自身がその場に立って、トロフィーを触って掲げるということに対して非常に感慨深いものがありました。

――そういう意味ではクラブのトップとして相当のプレッシャーを感じていたのではないですか。
林 私というよりはBリーグ初年度から入ってくれたフロントスタッフ、もちろん選手やチームスタッフもそうですけど、それぞれの人間がそれぞれの専門性を持って仕事をしてもらっている。彼らの能力をどのように引き出すか、かえってそちらにプレッシャーを感じていました。どちらかというと彼らに支えられてきた2年間でした。その中で3シーズン目は過去2年間の社長としての経験を持って、幅広く色々と仕掛けられることができるのではないかと感じています。ですので、今シーズンはある意味2年分のお返しをして、より良いクラブにしていきたいと考えています。

――どのスポーツでも難しいと言われている、「連覇」という2文字。新体制発表会でも「チャレンジャーの気持ちで連覇に挑みたい」とおっしゃっていましたが、今シーズンどのように戦っていくおつもりですか。
林 チャンピオンになったという事実は自信になればいいと思います。逆にそれにより「勝たなくてはいけない」ということのみが強くなると、視野が狭くなってしまったり、結果のみを追ってしまうので怖いと言えます。そのため“勝つ”ではなく、行動姿勢として、「最後まで集中して、試合終了のブザーが鳴る瞬間まで力を抜くな」と選手やチームスタッフには話をしました。ゲームの勝ち負けも大切ですが、これまで積み上げてきたプレーが最後までできればそれが勝利につながる。その流れを見誤らないようにしなければいけないでしょう。

 アルバルク東京は非常に組織的なプレーをするクラブなので、ルカ・パビチェビッチヘッドコーチの下、自分たちがやるべき練習を信じて行い、「必ず結果はついてくる」という気持ちを持って戦ってほしいですね。シーズンは60試合もあるので、結果がすぐに出なくても、シーズン終了時を見据えて、慌てず完成度を上げていくことが重要です。新体制発表会でもお伝えしましたが、「まだチームの完成度は30パーセント」とルカHCは言っていますから、完成度を徐々に上げていくということを可視化していければ、必ずや結果はついてくると思っています。

1/2ページ

あなたにおすすめの記事