ここから本文です

高知商、連続2桁点「打線切れ目」藤田3安打4打点

8/13(月) 8:01配信

日刊スポーツ

<全国高校野球選手権:高知商12-6慶応>◇12日◇2回戦

 高知商の強力打線が2試合連続で爆発し、夏25年ぶりの3回戦進出を果たした。初回、西村の適時三塁打で先制。2回には打者一巡の猛攻で一挙7得点。壮絶な打ち合いとなった初戦の山梨学院戦を14-12で制した打線は、2試合連続の2桁得点と絶好調だ。

【写真】慶応対高知商 2回表高知商1死一、三塁、勝ち越しの適時二塁打を放つ西村

 けん引したのは7番藤田だ。「春に打てなくて『打線の切れ目』と言われ悔しかった。自分が得点源になろうと思った」。悔しさを晴らすように、高知大会では打率5割7分1厘。この試合でも、3安打4打点と大暴れした。

 上田修身監督(56)は試合後、うれしそうに「超えられちゃいましたね」と話した。宿舎のホワイトボードには「上田の夏を超えろ」と記されている。自身が高知商3年時の80年、センバツは優勝したが、夏の甲子園では2回戦敗退。夏の3回戦進出を選手に託し「速いボールに振り負けないことを徹底させた」と打線を磨いてきた成果が、聖地で存分に発揮されている。3回戦の相手は同じ四国の済美。上田監督は「試合は1回もやったことがないが、最後まで残れるように頑張る」。ミラクル勝利を飾った愛媛代表も強打で打破する決意だ。【鶴屋健太】

最終更新:8/13(月) 8:16
日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/22(水) 8:30

Yahoo!ニュース特設ページ