ここから本文です

「豪からテレビ会議で選手選考」/本田会見一問一答

8/13(月) 9:05配信

日刊スポーツ

 サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本代表MF本田圭佑(32=メルボルン・ビクトリー)が、カンボジア代表の実質的な監督に就任した。12日、首都プノンペンでカンボジア・サッカー連盟と本田が会見。指導者ライセンスを持たず、現役選手であるため同国代表のゼネラルマネジャー(GM)に就任。A代表の強化の全権を担う。契約は2年。世界的にも極めて異例の世界を股に掛けた“兼任監督”が誕生した。

【写真】16年12月、プノンペンの国立競技場でサッカー教室を開いた本田

<本田会見一問一答>

 -どうマネジメント

 「毎週メルボルンでプレーすることになる。まわりのスタッフから報告を受ける会議を週に1、2回でも(テレビ会議などで)設けたい。各チームの選手の状況をすべて確認しながら、だれを選考するのかしっかり決めたい」

 -どう良くしていく

 「カンボジアのサッカー選手の特徴は日本と似ている。ボールポゼッションとディフェンスでのハイプレスは高められると思っている。カンボジアのサッカーは変わった、見ていて面白いなと思ってもらえるようにしていきたい」

 -コミュニケーションは

 「大事なことは全員に考えを浸透させること。全員がカンボジアサッカーの目指す方向性を理解することが大事。目指すべき方向性が決まれば、それを信じて突き進むだけ。サッカーは明日、明後日、1年後に劇的に強くなるものではない。我慢強く向かっていくことが大事」

 -いつから指揮を

 「どの試合に来られるか細かいところはこれから詰めていく。メルボルンとの契約があるので、来られない試合があるのは事実。ただ、メルボルンもこの事実を知っていて、理解を示してくれている」

最終更新:8/13(月) 9:15
日刊スポーツ