ここから本文です

大阪桐蔭・根尾が甲子園初本塁打 藤原とアベック弾

8/13(月) 11:46配信

日刊スポーツ

<全国高校野球選手権:大阪桐蔭10-4沖学園>◇13日◇2回戦

 今秋ドラフト1位候補、大阪桐蔭・根尾昂内野手と藤原恭大外野手(ともに3年)が、衝撃の「アベック弾」を放った。

【写真】8回裏大阪桐蔭2死三塁、藤原は左越え2点本塁打を放つ

 まずは根尾。7回にリードを5点に広げるソロ本塁打をバックスクリーンに運んだ。先頭打者として迎えた打席で、高めの球を仕留め、豪快に甲子園初アーチ。「たたけた、いい打球だった」と振り返った。

 藤原は8回に左翼へ2ラン。こちらもフルスイング。外角球をしっかりミートし、逆方向に貴重なアーチを運び「上からたたけたいい打撃ができた」。藤原は1点を追う4回に同点に追いつく左中間適時二塁打も放っており、3打点。

 2人とも強烈な打球で、スイングの鋭さを感じさせた。

最終更新:8/13(月) 12:42
日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/18(土) 9:55