ここから本文です

中国政府、新エネルギーの自動車と船舶の税金を半額免除

8/13(月) 8:05配信

CNS(China News Service)

【CNS】中国・財政部はこのほど、税務総局、工業・情報化部、交通運輸部など4部門による「省エネ・新エネルギーの車両と船舶に対する免税政策の通知」を発表した。省エネや新エネルギーを使用する車両や船舶にかかる税金が半分、免除される。

 通知によると、対象となる新エネルギーを使用する車両と船舶は、国の許可を得て国内で販売された純電気商用車(BEV)、プラグイン式ハイブリッド車、鉛電池を除く燃料電池型の商用車で、燃料消費量などの基準に合致しなければならない。そのほかの基準は、別途定めるとしている。純電気あるいは燃料電池車でも乗用車は対象外となる。

 政府は今後、「減免優遇措置対象車種のリスト」も不定期に発表し、基準をクリアした車両について告知するとしている。(c)CNS/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。

あなたにおすすめの記事