ここから本文です

尾上松也、大原櫻子&宇宙Six原と熱唱 ハプニング発生も“機転”「無事、終わってよかった」

8/14(火) 19:50配信

オリコン

 歌舞伎俳優の尾上松也が14日、東京・TBS夏サカス2018特設ステージで行われた「ONWARD presents 新感線☆RS『メタルマクベス』disc2 Produced by TBS」イベントに出席した。9月15日よりIHIステージアラウンド東京にて上演される同舞台に出演する松也は、共演の大原櫻子、ジャニーズJr.のユニット・宇宙Sixの原嘉孝とともに劇中歌「きれいは汚い、ただしオレ以外」をライブパフォーマンス。1度目は曲を中断するハプニングがありつつも2度目には3人で迫力のステージを披露してみせた。

【写真】ライブパフォーマンスを披露する尾上松也

 同舞台はシェイクスピアの四大悲劇のひとつ『マクベス』を人気脚本家の宮藤官九郎氏が大胆アレンジ。主人公・ランダムスター役の松也とランダムスター夫人役の大原、レスポールJr.役の原が3人でパフォーマンスするのはこれが“最初で最後”。ロック調の劇中歌とともに登場したダンサーをバックに、松也がワンフレーズ歌うもなにか違和感を察知したのか「もう1回やり直します」と中断。

 すぐに戻ってきた松也は「今、聞いたらいろいろありまして…。私が間違ったわけじゃなかった。ちょっといろんなトラブルありましたけどこんなこと逆にない」と客席に呼びかけて、気を取り直すと途中から加わった大原とともにフリートーク。ファンからの質問に回答する形で10分ほどつなげてその場を温めた。

 そんな松也が「緊張する、この2回目!」と満を持して臨んだ2度目のパフォーマンスでは3人が圧巻のダンと美声で魅了。最後には「一発でキマってよかった~」ととぼけた松也だったが「無事、終わってよかった。いや~!楽しかったですね~!」と胸をなで下ろしていた。

 また、トークコーナーの終盤には、共演の浅利陽介もけいこ終わりから会場後方に姿をみせるサプライズも。松也が「浅利はきょう、誕生日です!」と呼び掛けると、祝福の拍手が贈られ、浅利も大喜び。「本当は誕生日祝われたかったんですね、みなさんに」としたり顔の原に、「完全に期待してましたね」と松也も乗っかって、笑いを誘っていた。

最終更新:9/15(土) 22:25
オリコン