ここから本文です

天草エアライン、乗員繰りで6便欠航 代替パイロット手配できず

8/15(水) 13:03配信

Aviation Wire

 天草エアライン(AHX/MZ)は8月14日、乗員繰りで天草-福岡線(1日3往復6便)の2便を欠航した。12日にパイロット2人が乗務停止となり、代わりの乗員を手配できなかったため。16日と17日も、同路線で1往復2便ずつ計4便が欠航する。

 乗務停止になったのは、12日の伊丹発熊本行きMZ802便を運航していた機長と副操縦士。伊丹で管制許可を得ずに地上走行したため、2人は到着地の熊本空港で乗務停止となった。これにより、代わりのパイロットが手配できず、3日間で6便の欠航が決まった。

 14日に欠航したのは、天草を午後5時55分に出発予定だった福岡行きMZ107便(ATR42-600型機、登録番号JA01AM)と、折り返しで福岡午後7時5分発のMZ108便の合わせて2便。16日と17日も、MZ107/108便が欠航する。

 天草エアによると、同社のパイロットは現在7人。1機のATR42-600で、天草-福岡線を1日3往復6便、天草-熊本線と熊本-伊丹線を1日1往復2便ずつの、1日計10便を運航しているが、パイロットの人数は余裕がない状況が続いている。

 天草エアは、日本航空(JAL/JL、9201)グループの日本エアコミューター(JAC/JC)から、同型機のATR42-600(JA01JC)を今年6月1日から8月3日までのうち、計46日間リース。これまでは機体を重整備する際、機体が1機しかないため長期間運休していたが、JAC機を使用することで運休を回避できた。

 国内でATR42を運航する初めての航空会社として、天草エアは2016年2月20日に、2代目「みぞか号」としてATR42-600の運航を開始。同じ機種を使う天草エアとJACは、2015年度から協力体制を構築している。

 しかし、今回のような緊急時にパイロットを両社間で融通する取り決めにはなっていないため、欠航を回避できなかった。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:8/15(水) 21:16
Aviation Wire