ここから本文です

中国人の旅行先トップに日本が返り咲き、ミレニアル世代は星付き高級ホテルより地元らしい独立系ホテルを選択、消費額は8割増に

8/15(水) 10:20配信

トラベルボイス

ホテルズドットコム(Hotels.com)は、中国在住の海外旅行経験者(直近12か月)を対象にしたインタビュー調査「Chinese International Travel Monitor(CITM)」の結果を発表した。

【関連画像】中国人旅行者の訪問先ランキング

このなかで、日本を訪れた中国人旅行者は全体の39%で、香港を抜いて1位(39%)に。歓迎されたと感じた国でもタイを抜いて1位(20%)となった。特にミレニアル世代は東京や大阪、京都の主要都市だけでなく、現代美術館や映画のロケ地、野外音楽フェスティバルなどを目的に地方への訪問が増加。アニメ映画「君の名は。」の舞台となった飛騨高山は、特に人気がある。

また、ミレニアル世代は旅行消費が昨年から80%増加。最先端のトレンド体験やテクノロジーを活用した宿泊施設、地域ならではの地元の食事やユニークな体験を楽しんでいる。

例えば、星付きの高級ホテルよりも、地元のテイストを打ち出した独立系ホテルを選択するのは55%、ブティックホテルは33%、最先端テクノロジーのホテルは21%が予約をした。また、現地での体験では、地域の特産料理を経験した人は69%と7割に及び、現地でしか手に入らないアイテムを求めて街を探し回る(43%)人は、高級品を買う(38%)人よりも増えている。

ミレニアル世代に日本への旅行を触発し、消費を促すのは何か。同調査によると、まずはSNSによる拡散。日本は中国人旅行者が、最も多くの写真や動画をSNSでシェアする旅行先(17%)になっており、特にWeChat(ウィーチャット)やWeibo(ウェイボー)などは日本での旅行やショッピングで多く活用されているという。

さらに、日本の「おもてなし」精神も、中国人旅行者を日本に呼び込むきっかけになっているという。ソフト面に加え、テクノロジーや中国語表記の普及、バイリンガルスタッフの増加、さらにはAlipay(アリペイ)やWeChat Pay(ウィーチャットペイ)など、中国で日常的に使用する電子決済の導入なども、日本の人気や消費額の増加の要因だと見ている。

ただし同調査では、こうしたテクノロジーによるサービス分野については、まだ改善の余地があるとも指摘。上記のモバイル決済の更なる普及をはじめ、中国人旅行者の3分の1は「予約方法はあまり満足のいくものではなかった」とし、現地での交通手配時には「中国語を話すことができるガイドやスタッフの配備の充実」を改善点としてあげているという。

トラベルボイス編集部

最終更新:8/15(水) 10:20
トラベルボイス