ここから本文です

86番と89番に込められた“平和”への願い…J初のピースマッチが示した「勝敗以上に大切なこと」

8/15(水) 13:18配信

SOCCER KING

 8月11日、J1リーグで特別な試合がキックオフを迎えた。リーグ首位のサンフレッチェ広島がホームにV・ファーレン長崎を迎えての一戦、試合前のピッチには「86」を背負った11名と「89」を背負った11名、計22名の選手たちが並んでいた。

 1945年8月、戦中の日本は被爆国となった。広島市と長崎市に原子爆弾が投下され、一瞬にして多くの人々の命が奪われた。引き換えに、日本は今日の平和を手にした。73年の時を経て開催された広島と長崎の試合は、サッカーを通じて世界平和の実現を願って、そして、尊い犠牲者たちへの哀悼の意を込めてJリーグ史上初の『ピースマッチ』として開催された。

広島、長崎両クラブの強い思いが実現した特別な一戦

 きっかけは昨シーズンに遡る。当時J2で戦っていた長崎は快進撃を展開し、クラブ史上初のJ1昇格を果たした。これで2018年シーズンは被爆都市をホームとする2つのクラブが同じJ1の舞台で対戦することとなった。そこで両クラブは、Jリーグに8月の対戦を要望した。Jリーグはこれを受け入れ、競技や興行上の公平性を保った上でピースマッチの開催が実現した。

『One Ball. One World. スポーツができる平和に感謝』――、ピースマッチのキャッチコピーには「サッカーを通じて、スポーツができる平和に感謝し、世界をひとつにしたい」という両クラブの思いが込められている。試合前日の10日には、広島の山本拓也社長と長崎の高田明社長が松井一實広島市長を訪問。特に思い入れが強く、待ちに待った一戦への決意を語った。

「“原爆”というテーマがあるため、自然と厳かにはなります。でも、『平和だからこそサッカーができる』という明るい部分も伝えて、サポーターの皆さんへ笑顔を届けたいです」(サンフレッチェ広島 山本拓也社長)

「J1に昇格して一番楽しみにしていたのが、広島さんとのピースマッチでした。日本だけでなく、世界に平和を発信できるチャンスです。サッカーを通して平和の一助となるよう一生懸命戦いたいです」(V・ファーレン長崎 高田明社長)

 この時、両社長は特別に用意された“平和祈念ユニフォーム”を披露。ここにも平和への願いを表現するための趣向が凝らされていた。

1/2ページ

最終更新:8/15(水) 14:08
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報