ここから本文です

柏木由紀、自身の写真に自虐「ぶりっ子で気になる」【動画付き】

8/16(木) 17:59配信

オリコン

(C)ORICON NewS inc.

 アイドルグループ・AKB48の横山由依、柏木由紀らが16日、都内で行われた、アイア音楽ゲームアプリ『AKB48ビートカーニバル』記者発表会に出席。音ゲーマニアの柏木が“神業”を披露してゲームの魅力などをアピールした。

 新作は、メンバーがゲーム用に撮り下ろしたオリジナルカードを使用して、実際のライブ映像をバックに音ゲーがプレイでき、映像は未発表のライブ映像などもある豪華な仕様。発表会では、登壇メンバー全員の特大カードが登場し、ピースをしたものが多い中、柏木は手のひらにあごを乗せたもので「私の若干ぶりっ子なやつ気になる」と自虐で笑わせた。

 そんな柏木は音ゲーが得意だと宣言。「私は音ゲーマニアなんですよ! 簡単なモードしかないやつが大嫌いなのですが、このゲームのエキスパートモードは、私でも難しくて何度もやってしまう絶妙な難易度」とアピールし実際にゲームの腕前を披露することに。

 ゲームはうまくいかないと途中で打ち切られる仕組みだが、笑顔で淡々とプレイする柏木の“神業”に横山は「全然、失敗しない。さすがプロですね」と感心。ゲームを終えた柏木は「音ゲーが本当に大好きで、小学校の時にゲームセンターでやっていたら観衆を集めた。音ゲーマニアとしては、かなりの合格点です」と述べ「普通の音ゲーと違ってボタンが多いのと押しっぱなしというのもあるので、そこは難しかったですね」と明かした。

 ゲーム遊びにちなんで、今年の夏の思い出を聞かれた柏木は「新潟県の海で、NGT48メンバーの後輩50人くらいでバーベキューした。NGTでは毎年しているのですが、私は初めて参加できて夏を満喫できました。カメラとか回さず完全にプライベートで、最高の夏でしたね!」とにっこり。

 一方、横山は開催中の高校野球をテレビで見ているそうで「楽屋で見ていて、スタッフさんやメンバーと盛り上がっています」と話し、“推し校”は「京都出身なので京都代表の龍谷大平安高校。きのう勝ったので、これからも応援します。でも、皆さんすばらしいので、どの学校も球児も応援しています」と高校球児たちにエールを送った。

 発表会にはそのほか、小栗有以、向井地美音、加藤玲奈、倉野尾成美、岡部麟も出席した。

最終更新:8/16(木) 17:59
オリコン