ここから本文です

横浜ナイン 剛腕・吉田に14奪三振「いい投手」「見た事がない」

8/17(金) 13:33配信

デイリースポーツ

 「第100回全国高校野球選手権・3回戦、金足農5-4横浜」(17日、甲子園球場)

【写真】最後の打者・角田を空振り三振に仕留めた吉田

 まさかの大逆転負け。名門・横浜(南神奈川)が金足農(秋田)の勢いに屈し、10年ぶりの8強を逃した。

 一撃に沈んだ。2点リードの八回、連打で1死一、二塁。立ち上がりから力投を続けてきたエース・板川(3年)が、高橋(3年)にバックスクリーンへ逆転3ランを被弾。土壇場で一気に試合をひっくり返された。

 打線は剛腕エース、吉田輝星投手(3年)に12安打を浴びせて4点を奪ったが、終盤の好機で追加点を奪えず。結果的にはこれが響いた。2桁となる14奪三振で敗戦。試合後、選手たちは号泣した。

 吉田に対しては脱帽のコメントが並んだ。万波(3年)は4番として2安打を放ったが、2つの空振り三振。「思ったより変化球、変化球、真っ直ぐで来ると思っていた。スライダーに苦しんだ。うまくかわされた。もう1点とれそうなところで踏ん張られた。いい投手です」と落胆。

 5番の内海(3年)は「地をはうボール。そういう勢いがあった。今まで見た事がない」と舌を巻いた。3安打の斎藤(3年)も「伸びがすごかった。予想よりはるかに超えて、すごいピッチャー」と相手をたたえた。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/22(土) 23:35