ここから本文です

【動画あり】「最高速度で成長していきたい」吉村真晴が示した貪欲な姿勢【卓球・Tリーグ開幕直前インタビュー#6】

8/17(金) 7:30配信

Rallys

Tリーグ、T.T彩たまの吉村真晴

10月24日開幕の卓球新リーグ・Tプレミアリーグ(以下、Tリーグ)の初代メンバーとなる選手たちに、現在の心境をインタビューする本企画。第6弾はT.T彩たまから参戦する吉村真晴だ。

吉村真晴が所属するT.T彩たまとは

吉村が所属するT.T彩たまは、球団の執行役員監督に、2005年全日本選手権混合ダブルス優勝(ペアは福原愛)の坂本竜介、コーチ兼選手として、ロンドン五輪シングルス5位の岸川聖也の参戦が決まっている。

また、T.T彩たまには豪華な海外選手が揃っている。2017年ワールドツアーグランドファイナルダブルス2位の黄鎮廷(同10位・26歳)=中国香港=、リオ五輪団体銅メダルの鄭栄植(同26位・26歳)=韓国=、2015年ヨーロッパ選手権シングルス3位のティアゴ・アポロニア(同34位・32歳)=ポルトガル=だ。

6月に行われた会見で坂本監督が選手について「まだ2~3人交渉中」と発言していたことや、チームとして成り立つために必須である6人目のメンバー発表が行われていないため、今後の選手発表にも注目だ。

Tリーグ開幕に向けた意気込みは

吉村は現在25歳。2012年全日本選手権で水谷隼以来の高校生チャンピオンとして一役有名になった。リオ五輪団体では水谷隼、丹羽孝希とともに男子団体初のメダルへとチームを導いた。そして2017年の世界選手権では石川佳純とともに出場した混合ダブルスで金メダルに輝き、8月発表の世界ランキングで27位に位置する。

Tリーグ開幕に向けた意気込みを聞かれると「現役の間にTリーグができて、自身が選手として参加することが夢だったので嬉しい。しっかりと最高の準備をして(張本擁する)木下マイスター東京との開幕戦に臨むので楽しみにしていて欲しい」と、一大ムーブメントであるTリーグへの参戦を喜びながらも、開幕戦への意欲を示した。

対戦したい選手について聞かれると、「岡山リベッツの李尚洙=韓国=や、張本(智和)ですかね。ただ、本来であれば、僕のチームにいるアポロニアや鄭栄植、黄鎮廷と対戦したいのですが、彼らと一緒に練習し、彼らの素晴らしいスキルを盗む機会があるので、最高速度で成長していきたい」と、海外選手が一番多く在籍するT.T彩たまの環境を活かし、貪欲に成長していく姿勢を示した。

また、リオ五輪に続き、東京五輪を目指す吉村は選考基準である世界ランキングのポイントを上げるために、ワールドツアーとの両立が不可避だが、「10月以降はリーグが始まり、試合が続くが、その中で自分の調子をどう調整すればいいのかというのを学ぶことができるので楽しみにしている」と前向きに捉えていた。

シングルスのみならず、ダブルス・団体戦においても実績を残してきた吉村。T.T彩たまの要としてどのような活躍を見せてくれるのだろうか。

Tリーグ開幕戦のカード

・10月24日(水) 
男子:T.T彩たま vs 木下マイスター東京(両国国技館)

・10月25日(木) 
女子:TOP名古屋 vs 日本生命レッドエルフ(両国国技館)

・10月26日(金) 
男子:岡山リベッツ vs 琉球アスティーダ(武田テバオーシャンアリーナ)     
女子:木下アビエル神奈川 vs 日本ペイントマレッツ(立川立飛アリーナ)

最終更新:8/17(金) 7:30
Rallys

あなたにおすすめの記事