ここから本文です

「東京五輪へつなぐ」バレー中田久美監督、新鍋理沙、石井優希、佐藤美弥

2018/8/18(土) 12:30配信

THE PAGE

アジア大会から公式戦復帰の長岡選手への期待は?

 ──同じく「点を取る人」石井(優希)選手、黒後(愛)選手、アジア大会から公式戦復帰の長岡選手への期待は?

 中田監督:石井は、サーブで狙われていた中でよく踏ん張ったと思います。メダルを狙うという意味では、世界相手に(レセプションして打って決めるという役割としては)もうひとつ上がってほしい。もうちょっとです。

 黒後は、打つときは打つ。ただまだ波が激しいのと、クロスだけだと厳しくなるので、ストレートがもっと得意になればより決められると思います。それでも「勝負強さ」という意味では他の選手にはないものを持っている。集中したときのプレーはすごいのでどう起用していくか考えています。

 長岡は、けがをする前と同じだったら意味がないと思うので、そこは長岡とも話しました。コンディションも含めてよくなっていますし、公式試合で連戦になったときに乗り越えなければならない何かが出てくるかもしれませんが。そこは彼女自身が頑張るところ。でも、やっぱり左が一枚いると攻撃の幅が広がりますからね。

「バレーボールを面白いと思ってやることが大切」

 ──VNLを見ていて、1本目に加えて2本目、トスにもっていく精度やブロックフォロー、つなぎの質が気になりました。チームとしてこだわりたいことは?

 中田監督:点数を取るべきところで確実に取りたい。Aパス(サーブレシーブ)が入っているのにコンビが合わないというのは論外ですし、相手が苦し紛れに返してきているのに相手のポイントになってしまうというのは……

 フェイントボールなども2本目のことを考えてレシーブをしていかなければならない、ボールコントロールが大事だと思います。上がったボールをどうつないでどうやって攻めていくのか。世界のトップチームにどう点数を取って勝とうとしているのか。気持ちや頭の切り替えも含めてきっちりできれば、もっと失点を抑えていける。メダル獲得という夢を現実にしていくためには楽しいことばかりではないですが、バレーボールを面白いと思ってやることが大切だと思います。アジア大会は五輪のシミュレーション。限られたスタッフで選手村という限られた生活環境の中で結果を求めていく。表彰台を目指し、東京五輪につなげたいと思います。

2/4ページ

最終更新:2018/10/2(火) 14:27
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事