ここから本文です

新幹線「Max」引退、中央線グリーン車投入 2階建て車両の利点と欠点

8/18(土) 14:10配信

乗りものニュース

2階建て車両の利点

 上越新幹線で使用されている2階建て車両E4系「Max」の引退が近付いています。1997(平成9)年の営業運転開始から21年が経過し、新幹線車両としては長寿の車両でした。8両編成26本が製造されましたが、2016年から廃車が始まり、現在は20本以下となっています。

フランスの2階建て高速車両「TGV Duplex」

 JR東日本は今後、上越新幹線向けにE7系12両編成を11本投入し、2020年度末までにE4系を全廃する方針です。つまり、あと1年半ほどで、E4系の特徴的ないかつい顔と堂々たる体躯(たいく)は見納め、2階席からの眺望も乗り納めになります。現在、新幹線の新たな2階建て車両の開発計画は発表されていません。E4系の引退をもって、全国の新幹線から2階建て車両が消滅します。

 ところで現在、2階建て車両は在来線や私鉄の優等列車用車両でも活躍しています。JR東日本は新幹線の2階建て車両を引退させる一方、中央線快速で2023年度末までに2階建てグリーン車のサービスを開始する予定です。なぜ、2階建て車両は新幹線から引退し、中央線に登場するのでしょうか。そこには、2階建て車両の利点と欠点、導入路線との相性、輸送需要の変化があります。また将来の2階建て車両の導入には、新たな法律も影響しています。

 2階建て車両のメリットはふたつ。「階上席の眺望」と「定員の増加」です。階上席の眺望は分かりやすいメリットです。高い位置の方が遠くまで見えて気分が良いですね。特に新幹線の2階席は遮音壁より高いため、トンネル以外の区間では常に景色を楽しめます。市街地の区間では遮音壁が高いため、一般車両の車窓は望めない場合があります。2階席からは、市街地区間の夜景も楽しめます。E4系のグリーン席は眺望の良い2階にありました。8両編成のうち2両について、2階席をグリーン席、階下席を普通席としました。

16両編成「Max」の座席定員は世界最大クラス

 しかし、階下席はほとんど景色を望めません。駅に着いても、目の高さがプラットホームと同じくらいです。ただし利点もあり、景色が見えないために、読書やパソコンの作業などに集中できます。ビジネスパーソンのなかには階下席を好む人もいます。E4系の自由席は、2階席が3+3列と狭く、階下席は2+3列と広めになっていました。眺望、あるいは広さの選択になります。

 定員の増加は「効率良く大人数を運びたい」という鉄道事業者側の都合ともいえますし、座席の増加によって「座れる可能性が高くなる」という、乗客の利点でもあります。E4系は8両編成を2本連結すると、定員が1634人となります。フランスの2階建て高速車両「TGV Duplex」は10両編成で定員516人、10両+10両で1032人です。E4系の1634人は高速車両としては世界最大クラスの座席定員といえるでしょう。ちなみにジャンボジェットの愛称があるボーイング747の座席数は563席(JAL国内線747-100型)でしたから、その3倍です。

 E4系の場合、東北・上越新幹線で通勤通学需要が増大する一方、大宮~東京間で各方面の新幹線が合流するため、運行本数を増やせません。そこで1列車あたりの定員を増やす必要がありました。8両編成と短くした理由は、「つばさ」「こまち」と併結したり、8両+8両の16両編成にしたりと柔軟に対応するためでした。「TGV Duplex」は、新幹線といえども市街地では在来線に乗り入れるため、長距離特急列車の増発が難しいという事情があります。増発する代わりに2階建てとして定員を増やしました。

 JR東日本のグリーン車が2階建てになっている理由も定員を増やすためです。(自由席とはいえ)グリーン車は着席が前提のサービスであるため、普通車のように多くの乗客を受け入れられません。グリーン料金をもらっても、平屋だと1車両あたりの利益は普通車より小さくなります。そこで2階建てとし、少しでも多くの乗客を受け入れられるようにしました。通勤区間が多く、ビジネスパーソンの利用が多いため、階下席も好まれます。

1/3ページ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ