ここから本文です

国際リニアコライダー計画で会見(全文1)ILCをつくらないと知ることできない

8/19(日) 16:35配信

THE PAGE

 次世代の大型加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の日本誘致を目指す計画をめぐり、ノーベル物理学賞の受賞経験がある米国の2博士が7日、東京の外国特派員協会で記者会見を開き、ILC計画の意義や可能性などについて説明した。

【写真】国際リニアコライダー計画で会見(全文2)素粒子物理の将来は「線形」加速器

 会見は、高エネルギー加速器研究機構やお茶の水女子大、東北大、東大、早大などの研究機関などでつくる「ILC推進プロジェクト」が主催。1979年にノーベル物理学賞に受賞したシェルドン・グラショー氏と、2017年に同じくノーベル物理学賞を受賞したバリー・バリッシュ氏が登壇した。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】『国際リニアコライダー』日本誘致でノーベル賞博士ら会見」に対応しております。

リニアコライダーの日本誘致へ年内に日本政府の決断が必要

司会:それでは、ただいまより記者会見を開催いたします。あらめまして、皆さま本日は国際リニアコライダー計画ノーベル賞受賞者による来日会見にお集まりいただき、ありがとうございます。私、本日の司会進行を務めさせていただきます東京大学素粒子物理国際研究センター特任教授の山下了と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

 現在、国際プロジェクトでILCの日本建設に向けた議論が国家レベルで進められています。ILC計画が実現すれば日本で科学技術のイノベーションを起こせる環境が整い、科学のみならず経済や産業面でも日本の成長を牽引する国家戦略の柱となる可能性を秘めてございます。ILCの日本建設をめぐっては今年中の日本のいわゆる政府からのコール、決断が求められております。日本がこの国際プロジェクト推進できるかどうか世界が注目しており、本日は世界の科学界を代表するノーベル物理学賞受賞者シェルドン・グラショー博士、そしてバリー・バリッシュ博士からじきじきの世界からの期待をお伝えいただくということになりました。

 ちなみにグラショー博士とバリッシュ博士ですけれど、つい先ほどこちら内閣府の松山科学技術担当大臣にじきじきに、親書を手渡されたときの様子です。隣にいらっしゃる河村建夫先生、議員連盟会長の河村建夫先生には今日ちょっと日程が合わなくて安倍総理、合わなかったんですけれども安倍総理への親書をお2人からそれぞれの新書を託されて、で、河村先生が今日中にちょうど安倍総理にお会いするということなのでそのときに確実に手渡すというお約束をいただいたところです。

 で、こういう形でいろいろな政産官学のそういう動きの中で今日は、5日にはシンポジウムをお茶の水女子大学の講堂でされて、そして1,000人ぐらい集まったというお話ですけれども、この2人の博士のご紹介をいただきたいと思います。

1/4ページ

最終更新:8/19(日) 16:39
THE PAGE

あわせて読みたい