ここから本文です

緊急地震速報で「誤報」 7千キロ先の大地震を誤検知か

8/19(日) 13:07配信

BuzzFeed Japan

8月19日午前9時29分、千葉県房総沖で最大震度4の地震が予測されるという「緊急地震速報」が流れた。しかし、これは誤報だった。実際には揺れは起きていない。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

【写真】地震発生時にやるべきこと・やってはいけないこと

気象庁の発表によると、震源は千葉県房総沖。震源の深さは約10kmで、地震の規模はマグニチュード5.9、予測される最大震度は4とされていた。

一部のアプリなどにも配信され、Twitterでもいくつかのbotが情報を配信していた。

実はこの9分前、南太平洋のフィジー諸島沖で、マグニチュード8.2の大きな地震が起きていた。

気象庁によると、この地震の波が伝わってきた影響で、緊急地震速報が出されたとみられるという。

なお、この地震は震源が約570キロと深く、津波は予測されていない。

緊急地震速報は、すべてが自動で処理されている。
最大震度5弱以上が予測される場合、震度4以上の地域の携帯電話に通知が配信される。

2018年1月には、茨城県沖と富山県西部でほぼ同時に起きた地震を関東地方や福島県での地震と誤検知し、「誤報」を配信したケースもあった。

最終更新:8/19(日) 14:29
BuzzFeed Japan