ここから本文です

今日から「貯まる人」になる! 毎日できるお金の4つのコツとは?

8/20(月) 20:40配信

LIMO

お金を貯めたいと思っているのになかなか節約や貯金に踏み出せない。貯金しようと思ってもうまくいかない。そんなふうに感じている人、多いのではないでしょうか。その一方で、お金をしっかり貯めている人もいますよね。

実は「貯まる人」と「貯まらない人」の差は毎日少しの工夫で解消できるのです。そこで今回は、今日から「貯まる人」になるためのコツをご紹介します。

出費計画表を作る

お金が貯まらない人の特徴として、「計画性がない」ことが挙げられます。買い物をするにしても遊びに行くにしても、計画性がまるでなく突発的な出費に追われて「節約できない」状況に追い込まれてしまう傾向にあります。

遊びに行っておいてお金を払わないわけにもいきませんし、買い物しておいてお金を払わないわけにはいきません。そうして「払わざるを得ない状況」に陥るために、「節約するほど無駄なお金なんて使ってない」とか「どこを節約すればいいかわからない」ということになってしまうのです。

そうならないためにも、計画性を持つことを心がけましょう。ただし、「意識」だけで人間が変わることは非常に難しいので、実際に書き出してみて管理するのです。

たとえば「出費計画表」を作って、「今月購入するものリスト」を書き出してみる。食料品まで書き出す必要はありませんが、お化粧品やシャンプー、ボディーソープなどの消耗品は書き出しておいてください。それを買ったらチェックして、無駄に買いすぎることを防ぎます。チェックすれば気が済みますし、リストにないものは購入しないと決めておけば不要な買い物も減るはずです。

その場でスマホのメモに出費を記録

コンビニや飲食店での買い物をすべてその場でスマホにメモするというのがポイントです。記録することは使い過ぎ抑制に直結します。あなたがなぜ無駄に浪費してしまうのか。それは「忘れてしまうから」です。お金を使ったことに対してあまり執着心や抵抗感がなく、お金を使うこと自体がすでに習慣化してしまっている人はこれをやってみるだけですぐに効果が出るはずです。

大きな買い物をしても、それとは別にまたすぐに買い物をしてしまっていませんか。毎日の出費を忘れてしまうと「何にお金を使っているかわからない」という状態になってしまいます。そうなると、節約ポイントも見つからず、どこから貯金するお金をねん出できるかもわからなくなってしまいますから、そうならないようにメモしておくことをおすすめします。

スマートフォンのメモ機能ならすぐに開けますし、入力も1分かからず手間いらず。その場でメモを取ることで「無意識に買い物をする」ことがなくなります。最初は習慣になりづらいかもしれませんが、続けるうちにメモしないと気持ち悪くなってきます。そうなればこっちのものですね。

1/2ページ

最終更新:8/20(月) 20:40
LIMO