ここから本文です

【ロッテ売り子トップ5】遠征中は他球場で売り子の研究 「丁寧さ」と「笑顔」で有終の美狙うまりなさん

8/20(月) 21:42配信

Full-Count

売り子初日は24杯「キツくて途中で気持ち悪くなっちゃって…」

 今季ロッテでは、3月30日のホーム開幕戦からホーム最終戦まで、ZOZOマリンスタジアムでの主催ゲームを対象に「売り子ペナントレース」を開催している。立ち売り販売のドリンクメニュー(ソフトドリンクも含む)を販売する売り子経験5年以内の希望者88人が参加。年間販売杯数ナンバー1となった売り子には「ハワイアン航空 成田-ホノルル往復ペア航空券」がプレゼントされるという企画だ。

【写真集】広瀬すず似の美女も…福岡ドームを彩る球場の華、総勢33人の売り子美女ギャラリー

 混戦模様のパ・リーグにおいてペナントレースが激化するとともに、「売り子ペナントレース」も佳境に突入。現在はまりなさんが首位を独走する形だが、レース状況が大幅に変わる可能性が残されている。それが8月31日に開催される「チケット・ビール半額デー」だ。通常700円のビールが350円になる他、ビール以外の各種ドリンクも通常よりお得な価格で販売されるため、この日に売上げ自己新記録を達成する売り子も多い。

 そんな一大イベントを前に、7月31日現在「売り子ペナントレース」のトップ5入りする人気売り子をご紹介するこの企画。第1回はトップを快走する「まりな」さんだ。

 他球場で売り子をしていた従姉に「楽しいよ」と聞いて、売り子に興味を持っていたというまりなさん。「たまたまここ(マリンスタジアム)で募集があったので」と応募し、働き始めて4年目を迎える。「今は平均は200杯くらいで、今年一番売ったのは277杯です」と笑顔を見せるが、スタートから全て順調にいったわけではなかった。

「初日は24杯でした。雨の日だったんですけど、よく覚えてます。キツくて途中で気持ち悪くなっちゃって、4回表までしか売れなくて……。1年目はダメダメだったんですよ(笑)。客席の周り方もヘタクソだし、売れないからタンクの中が泡だらけになっちゃうし、注ぐのもヘタクソで、全然売れませんでした」

 一度始めたからには辞められない。どうしたらビールが売れるようになるのか、とことん研究したという。

「先輩方に『どうしたら売れますか?』って聞いて、アドバイスをいただきました。あと従姉も他球場で売上げがトップの方だったんで聞いたり。お客さんに聞いたこともあります。『あの先輩はこうやってたよ』って教えて下さりました」

1/2ページ

最終更新:8/21(火) 19:38
Full-Count

あなたにおすすめの記事