ここから本文です

台風19号(ソーリック)大東島地方に最接近 20号は旧盆帰省に影響か

8/21(火) 8:00配信

沖縄タイムス

 非常に強い台風19号(ソーリック)は21日午前6時現在、南大東島の北東約230キロの海上にあって、暴風域を伴いながら時速20キロで西北西に進んでいる。台風は現在、大東島地方に最も接近しており、うねりを伴い大しけで西の風が強く吹いている。沖縄気象台は高波に警戒し、強風に注意するよう呼び掛けている。台風は今後、南大東島の東北東の海上を北上し、22日には東シナ海に進む見込み。

台風19号進路予想図(21日午前6時現在・気象庁HPから)

 中心の気圧は950ヘクトパスカル、 中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心か ら半径150キロ以内では風速25メートル以上の暴風、中心の東側440キロ以内と西側330キロ以内では風速15メートル 以上の強い風が吹いている。

 大東島地方の21日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は23メートル(35メートル)、予想される波の高さは6メートル。多い所で1時間に30ミリの激しい雨が降る見込みで、21日夜のはじめ頃まで発達した積乱雲の下での落雷や突 風に注意が必要。

 沖縄旅客船協会によると21日は水納-渡久地11便、鹿児島-那覇1便の計12便が欠航する。また、台風20号(シマロン)が24日にかけて四国などに上陸した場合、本土から沖縄への旧盆帰省に影響する可能性もある。

最終更新:8/21(火) 8:10
沖縄タイムス