ここから本文です

スラッシュ、1stソロALにはもともとチェスター・ベニントンが参加していたと明かす。「(デモを)リリースするかは遺族次第」

8/22(水) 12:28配信

rockinon.com

ガンズ・アンド・ローゼズのギタリスト、スラッシュが、2010年にリリースしたソロ・アルバム『スラッシュ』の収録曲“Doctor Alibi”にリンキン・パークの故チェスター・ベニントンが参加していたことを明かした。

「Variety」によると、同楽曲のアルバムに収録されたバージョンでは故レミー・キルミスターがボーカルを努めているが、もともとはチェスターがフィーチャーされていたのだという。

同楽曲の制作の経緯などについて、スラッシュは以下のように語っている、

俺が初めてのソロ・アルバムを作っている時、いろんな人と一緒に仕事をしたんだ。そのうちいくつかは、何かしらの理由で、アルバムには入らなかったんだけど。

そのうちの一つがチェスターとのやつだった。曲を一緒にやったんだけど、当時のリンキン・パークの(状況として、収録することが)できなかったから、レミーとやったんだ。

また、スラッシュは当時のデモ音源はチェスターの家族に渡しており、リリースするどうかは遺族次第だと話している。

(一緒にやった曲は)すごくよかった。彼は最高だったよ。俺的には(チェスターの家族が)リリースしたいんだったらそれでもいいよ。音楽的にはレミーのバージョンと一緒だけど、歌詞としてはかなり心に訴えるものだ。(歌詞は、チェスターの)心の内を明かしていたよ。



なおスラッシュは、先日インターネットラジオ局「SiriusXM」のインタビューに応じた際、ガンズ・アンド・ローゼズのメンバーの間で新作リリースの「話が出ている」と発言していたことが明らかになっている。

ガンズ・アンド・ローゼズは現在クラシック・ラインナップでワールド・ツアー「Not In This Lifetime…Tour」を開催中で、11月からマニラやジャカルタ、台北、香港などを含むアジア公演を控えている。

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

最終更新:8/22(水) 12:28
rockinon.com