ここから本文です

先天性風疹症候群で亡くなった娘の宿題 同じ思いをする親子を二度と出さないために

8/22(水) 11:03配信

BuzzFeed Japan

「お父さんお母さんと私はがんばりました」

それが18歳で亡くなった娘が残した最後の言葉になった。

風疹をなくそうの会「hand in hand」共同代表の可児佳代さん(64)の長女、妙子さんは、可児さんが妊娠中に感染した風疹の影響で先天性風疹症候群(CRS)にかかり、2001年、心臓の機能が衰えて短い命を終えた。

そして、2018年の今、再び風疹が関東地方を中心に流行し始めている。

ワクチンを2回うてば免疫はつく。しかし、1990年4月1日以前に生まれた人は、受けていても1回のみ、1979年4月1日以前に生まれた男性は全く受ける機会がなかったため、十分免疫を持たない人が数多くいるからだ。

可児さんは言う。

「ただただ悔しいとしか言いようがありません。こんな思いをもう誰にもさせたくないのに、私はまだ娘の宿題を終わらせられないでいるのです」
【BuzzFeed Japan Medical / 岩永直子】

不妊治療でようやく授かった子供

22歳で結婚した可児さんはなかなか妊娠せず、結婚3年目で不妊治療を開始。通院2年目で初めて妊娠したが3か月で流産した。気がつけば涙が出る日々が続いた。

その9か月後の1982年、熱や発疹が出て、耳の後ろのリンパ節が腫れた。前年から風しんが流行しており、近所の内科に行くと「風疹だね」と診断された。自宅周辺では感染者は出ていない。不妊治療の通院で感染したのだろうと思った。

生理が遅れているのが気になったが、「先月も妊娠していなかったし、今月もできていないだろう」と最初はそれほど不安に感じていなかった。だがしばらくしても生理は一向に訪れない。

(もしかして......)

不妊治療の産婦人科医に行くと、妊娠していた。呆然とした。

「当時は、テレビでもラジオでも、『妊娠中に風疹にかかったら障害児が生まれるから、妊娠はあきらめましょう』と平気で言う時代だったんです。この妊娠は諦めなくてはいけないのだと絶望的な気持ちになりました」

1/5ページ

最終更新:8/22(水) 17:03
BuzzFeed Japan

あなたにおすすめの記事