ここから本文です

「義母と娘のブルース」が圧巻の3週連続トップ!「グッド・ドクター」も第2位をキープ(8月13日~8月19日期間 ドラマ視聴率ランキング)

8/22(水) 15:41配信

トレンドニュース(GYAO)

8月13日~8月19日期間中のドラマを、「番組平均世帯視聴率」ランキング形式で紹介(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。8月14日に放送されたTBS系「義母と娘のブルース」第6話が13.9%を記録し、3週連続で第1位を獲得した。

【無料配信】「義母と娘のブルース」最新話を配信中>>

■第1位 TBS系「義母と娘のブルース」第6話(8月14日放送) 13.9%

桜沢鈴による同名4コマ漫画が原作。キャリアウーマンの主人公・岩木亜希子(綾瀬はるか)が、子持ちサラリーマンの宮本良一(竹野内豊)と結婚し、母親になろうと家事や育児に奔走する姿を描く。

第6話から物語は第2章へ突入し、みゆき(上白石萌歌)は高校3年生に成長。みゆきが高校生活を満喫する一方で、亜希子は主婦業に向き合っていた。ある日、亜希子は大学受験を控えたみゆきに、将来どんな仕事に就きたいと考えているのか聞くが、みゆきは真剣に考えておらず――。

■第2位 フジテレビ系「グッド・ドクター」第6話(8月16日放送) 10.8%

自閉症スペクトラムの一種で、驚異的な記憶力を持つ「サヴァン症候群」の青年・新堂湊(山崎賢人)が主人公。研修医として東郷記念病院の小児外科に勤務することになった湊が、周囲の反発を受けながらも子どもたちに寄り添い、成長していく姿を描く。

小児外科医の瀬戸夏美(上野樹里)は、東郷記念病院を訪ねてきた湊の父・航(遠山俊也)から、連絡先が書かれたメモを湊に渡してほしいと頼まれる。夏美は、湊が父親に虐待されていたことを知っていたため、院長の司賀明(柄本明)に相談。司賀は「この件は自分に預けてほしい」と航のメモを預かり――。

■第3位 テレビ朝日系「遺留捜査」第5話(8月16日放送) 10.7%

2011年4月期にスタートした刑事ドラマシリーズ「遺留捜査」の第5弾。京都府警「特別捜査対策室」に所属する刑事・糸村聡(上川隆也)が、事件現場に残された遺留品を手掛かりに難事件を解き明かしていく。

世界的注目を集める衣装デザイナー・井波幸俊(斉藤陽一郎)が、自身のアトリエで遺体で発見された。井波と対立していた映画の美術監督・山野辺達仁(小野武彦)が殺害を認めたものの、山野辺をよく知る路花(戸田恵子)は、犯行を信じることができずにいた。そんな中、糸村は現場に残されていた爪ヤスリから検出された成分に疑問を抱き――。

■「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」、「刑事7人」と続く

第4位には、フジテレビ系「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第6話(10.6%)。第5位には、テレビ朝日系「刑事7人」第5話(10.1%)と続いた。

「義母と娘のブルース」の勢いは止まらず、2週連続で最高視聴率を更新した。すでに多くの作品が後半戦に入っているが、「義母と娘のブルース」がこのまま独走状態を維持し続けるのか。それとも、他の作品が怒涛(どとう)の追い上げを見せるか。

(文/山内光太郎@HEW)
出典:株式会社ビデオリサーチ(ビデオリサーチ調べによる「関東地区」「番組平均世帯視聴率」より)