ここから本文です

堺市(大阪)39.7℃ 富山市39.5℃ 23日も北陸で40℃近い高温

8/22(水) 15:01配信

ウェザーマップ

 きょう22日は東・西日本の内陸や日本海側で気温が高く、山越えの風が吹き降りてフェーン現象が起きた地域で記録的な暑さとなった。あす23日(木)は西日本の太平洋側できょうより気温が下がるものの、日本海側を中心に引き続き極端な高温が予想される。熱中症など健康管理に十分注意が必要だ。

 きょう午後2時半までの最高気温は、大阪府堺市で39.7℃と統計がある1977年以降で最も高くなった。富山市は39.5℃で、1994年8月14日の高温記録に並ぶ値を観測している。京都府福知山市は39.1℃まで上がり、1976年以来最も高い値を更新。兵庫県豊岡市では、この夏初めて気温が39℃に達した。

 あす23日も、日本海側を中心に猛烈な暑さが続く見通し。北陸では局地的に、40℃前後の猛烈な暑さとなる可能性がある。農作物の管理や、熱中症など健康管理に十分な注意が必要だ。

 【23日の予想最高気温】
 38℃ 長岡(新潟)、高田(新潟)
     津川(新潟)
 37℃ 山形、新潟、富山
     金沢、福井
 36℃ 横手(秋田)、福島、若松(福島)
     広島、久留米(福岡)など
 35℃ 秋田、新庄(山形)、熊谷、長野
     岐阜、松江、山口、福岡 など

(気象予報士・高橋和也)

最終更新:8/22(水) 15:02
ウェザーマップ

あなたにおすすめの記事