ここから本文です

香里奈の“メガネ女子“姿に「めっちゃ可愛い」と称賛の声/「高嶺の花」第7話

8/23(木) 16:29配信

トレンドニュース(GYAO)

石原さとみが主演を務める日本テレビ系ドラマ「高嶺の花」の第7話が、8月22日に放送された。物語後半のキーパーソンとして、女優の香里奈が初登場。“メガネ女子“姿を披露し、視聴者から称賛の声が寄せられた。

香里奈の“メガネ女子“姿がめっちゃ可愛い>>

本作は、華道の名門「月島流」本家に生まれ、美貌やキャリア、財力などすべてを持ち合わせた月島もも(石原)と、平凡な自転車店主・風間直人(峯田和伸)の格差恋愛を描いたラブストーリー。脚本は「101回目のプロポーズ」「家なき子」など、数々の名作ドラマを世に送り出してきた野島伸司が担当している。

第6話で、直人との結婚式の最中にももが逃げ出してしまい、物語の第1章が終わりを迎えた。新章突入となる第7話では、直人は看護師の新庄千秋(香里奈)と図書館で偶然出会い、距離を縮めていく。千秋は、チェック柄のシャツにメガネを着用と、やや地味なファッションをしており、派手でゴージャスな服装を好むももとは対照的な雰囲気の持ち主だ。

しかし、“メガネ女子“姿の香里奈はそれはそれで好評らしく、ネット上では「香里奈めっちゃ可愛い」「いい味出してる」「香里奈メガネ美女か!」といった声が続出。中には「香里奈さんも僕には高嶺の花」という声も見られた。

おしとやかな印象の千秋だが、車のハンドルを握ると強気になるという意外な面ものぞかせる。さらに、直人がまだ知らない「隠された一面」もあるらしく……。千秋は今後、物語にどう絡んでいくのか。脚本の野島も「物語後半のキーになる」と語っているだけに、ももと直人の関係を脅かす存在になるかもしれない。

(文/山内光太郎@HEW)