ここから本文です

【映像】カメの違法飼育施設摘発 スペイン警察1100匹を保護

8/24(金) 13:16配信

AP通信

パルマ、スペイン、8月24日(AP)― スペイン警察は、地中海西部マヨルカ島にある欧州最大とみられるカメの違法飼育施設を摘発した。欧州刑事警察機構(ユーロポール)が8月23日、公表した。
 スペイン警察は、この施設からカメ1100匹、絶滅危惧種に指定されている50種類のうち14種類の卵750個を差し押さえた。絶滅危惧種は1匹1万1500ドル(約130万円)で売られており、米国やカナダ、メキシコから密輸されていた。
 18カ月前、マヨルカ空港から密輸される寸前のカメが差し押さえられた。スペイン警察はそれ以降、オーストリアやフランス、ドイツ、イタリアなどの警察からの情報を基に内偵を継続。バルセロナにある外来種を専門に扱うペットショップを介してカメが欧州に密輸されている事実を突き止め、今回の飼育施設の摘発につながった。

(日本語翻訳 アフロ)

最終更新:8/24(金) 13:16
AP通信