ここから本文です

野上恵子“チームジャパン”の銀 男子金の井上から給水エール「あとは気持ちです!」

8/26(日) 13:16配信

デイリースポーツ

 「アジア大会・女子マラソン」(26日、ジャカルタ)

 女子マラソンが行われ、野上恵子(32)=十八銀行=が2時間36分27秒で銀メダルを獲得した。田中華絵(28)=資生堂=は、9位だった。昨年の世界選手権覇者のローズ・チェリモ(バーレーン)が2時間34分51秒で優勝した。

【写真】野上恵子 スポンジ取ったはずが…手からスルリ

 レース後は「メダルを目指してきたので、銀ですけどホッとしています」と充実の表情を浮かべた。

 スローペースで進んだレースは、25キロ過ぎに昨年の世界女王・チェリモが給水を利用してスパート。「何度も給水のたびに飛び出していたのでまたそれかと思っていたけど、そのまま行ってしまった。ついていけたらと思ったけどちょっとペースが速くて対応できなかった」と無念の表情で振り返った。

 30キロでは、前日の男子マラソンで金メダルを獲得した井上大仁(MHPS)から給水ボトルを受け取り、「あとは気持ちです!」とエールをもらった。「すごい力になりました」。40キロの給水地点では同4位の園田隼(黒崎播磨)も登場。チームジャパンの力が集結した銀メダルとなった。

 「ホント言うと、(井上と)同じように金メダルが取りたかったけど、そこはちょっと自分の甘さだなって。ただ、目標にしていたメダルが取れたのは本当に自信になった。メダルを持って帰れることがすごいうれしい」と満面の笑みを浮かべた。

あなたにおすすめの記事