ここから本文です

早くも秋色、異常気象影響か 街路樹、季節外れの色づき 佐賀

8/27(月) 10:03配信

佐賀新聞

 佐賀県佐賀市内のイチョウなどの街路樹が季節外れの色づきを見せている。夏の記録的な大雨や猛暑が影響しているとみられ、例年なら本格的な秋が近づくまでは緑の葉が茂る木々が黄色くなっている。

 県森林整備課によると、7月の西日本豪雨などの雨で地中の水分量が増えて、根腐れが発生。その後、記録的な猛暑で日照りが続き、木の健康状態が低下したのではないかと推測する。特にクリーク沿いや水田、河川などの水辺に近い木々が色づきやすいという。

 倒木の心配はないものの、秋の紅葉シーズンにどう影響するかは見通せないと話している。

最終更新:9/19(水) 15:21
佐賀新聞

あなたにおすすめの記事