ここから本文です

デフ・レパードのジョー・エリオット、ミック・ロンソンへのトリビュート映像公開

8/28(火) 18:37配信

BARKS

デフ・レパードのフロントマン、ジョー・エリオットが週末(8月25日)、彼の友人で若いときギター・ヒーローだったミック・ロンソンへのトリビュート・ビデオを公開した。

◆ジョー・エリオット動画、画像

エリオットは、今年リリースされたロンソンのドキュメンタリー『Beside Bowie: The Mick Ronson Story』のサウンドトラックに収録した「This Is For You」をパフォーマンス。「ツアー中の休日に、ビデオを撮影する機会があった。やらなかったら、失礼だって思ったんだ! このビデオは、若い頃、そして後に出会ったとき、僕に多くを与えてくれたミック・ロンソンとの思い出への僕からの贈り物だ」とコメントしている。

6月にリリースされた『Beside Bowie: The Mick Ronson Story』サウンドトラックには、以下の曲が収録されている。

クイーン、イアン・ハンター、デヴィッド・ボウイ、ミック・ロンソン、ジョー・エリオット、フィル・コリン「All The Young Dudes(邦題:すべての若き野郎ども)」(ライヴ)
マイケル・チャップマン「Soulful Lady」
エルトン・ジョン「Madman Across The Water(邦題:マッドマン)」
デヴィッド・ボウイ「Moonage Daydream(邦題:月世界の白昼夢)」
デヴィッド・ボウイ「Cracked Actor(邦題:気のふれた男優)」
デヴィッド・ボウイ「Time(邦題:時間)」
イアン・ハンター「Once Bitten, Twice Shy」
ミック・ロンソン「I’d Give Anything To See You」
ミック・ロンソン「Hard Life」
ミック・ロンソン「Midnight Love」
ミック・ロンソン「Like A Rolling Stone」
ジョー・エリオット「This Is For You」
クイーン、デヴィッド・ボウイ&ミック・ロンソン「Heroes」
マイク・ガーソン「Tribute To Mick Ronson」

デフ・レパードは現在、北米ツアー中。10月に日本ツアーを開催し、『ヒステリア』をフルプレイする。

Ako Suzuki

最終更新:8/28(火) 18:37
BARKS