ここから本文です

ハンドベルで「金賞」の中学生4人組 月2回の練習で受賞できたわけは

8/28(火) 15:20配信

MBSニュース

自主練はペンとリモコン!?

小学校の低学年のころに、先輩たちに憧れて始めたハンドベル。しかし、勉強や部活動が忙しくなり辞めてしまう子も多く、10人ほどいたメンバーも中学になると4人だけに。それでも続けてこられたのには、ハンドベルならではの魅力がありました。

「ピアノとかだったらひとりで曲ができるけど、ベルは4人の息がそろってできるので、ひとりの一音一音がすごく大切だから責任感がある」(中2 小畑明日香さん)
「一つの曲ができたらすごくうれしいし、心が一つになったなって感じます」(中3 篠原桜花さん)

それだけに、ひとりでは練習しにくい楽器。4人そろっての練習は月2回のみという中、自宅ではどのように練習しているのかというと…

「ペン置いて、ペン並べて(ベルを)取る練習してみたりとか」(中2 藤原さつきさん)
Q.え、ペン?
「ペンとリモコンと…」(中3 篠原桜花さん)
Q.リモコン!?なんのリモコン?
「“Wiiリモコン”とか」(篠原桜花さん)
Q.Wiiね!“ペン、ペン、Wii”みたいな感じでやってるの?
「はい。ははは」

「たくさんの人に聴いてもらいたい」

そんな少ない合同練習でも金賞がとれる実力があるのは、指導する先生も認める所。

「何本(ベルを)持たせてもあっという間に取ってしまう。やる気とそれから勘がいい4人が育ってくれた」(「Studio Bell Fantasy」代表 熊原幹恵先生)

確かな技術をもつ4人。今は観客に楽しんでもらえるパフォーマンスを練習中です。

「もっといろんなたくさんのイベントにとかに参加して、たくさんの人に聴いてもらいたい」(藤原さつきさん)
「いろんな本番とかで聴いてもらう方に楽しんでもらえるような演奏をもっとしていきたい」(小西一希さん)

(8月27日 MBSテレビ「ちちんぷいぷい」内『ニュースな人』より)

2/2ページ

最終更新:8/28(火) 17:45
MBSニュース

あなたにおすすめの記事