ここから本文です

風疹患者の大幅増加、妊婦に「歯がゆいが、自衛を求めるしかない」現状 赤ちゃんを守るためにできること

8/28(火) 16:30配信

BuzzFeed Japan

首都圏で患者数が大幅に増加している風疹(三日ばしか)について、国立感染症研究所は「既に、首都圏を中心に国内流行が発生し始めている可能性が高いと考えられる」とコメントした。

日本産婦人科医会も「2013年の大流行の前兆に類似した状況」として、8月17日に声明を発表している。

この声明では「20週までの妊婦さん」に強く注意を促した。現在の患者は30~50代の男性が中心だが、妊婦は赤ちゃんを守るために、さらに気をつけなければならないという。

妊婦が風疹に感染することによる赤ちゃんへの影響、そして妊婦はどのように感染を予防すればいいのかについて、BuzzFeed Japan Medicalは日本産婦人科医会副会長で国立病院機構横浜医療センター院長の平原史樹さんに話を聞いた。

「誰が感染しているのかわからない」

風疹は「発熱」などの風邪のような症状、 「耳の後ろ、後頭部などのリンパ節の腫れ」「全身の淡い赤色の発疹」「眼の充血」などの症状が出る、ウイルスを原因とする病気。

感染は、くしゃみや咳、唾液のしぶきなどの飛沫、接触によって起きる。潜伏期間は14~21日で、発疹の出る1週間前から症状が消えるまでの期間、感染力を持ち、症状の出そろう時期が周囲への感染のピークとなる。

また、症状を伴わない「不顕性感染」という状態も15~30%みられ、このときも感染力がある。

つまり、「風疹が流行してしまうと、誰が感染しているのかわからない」(平原さん)状態になる。

平原さんはこの状態を「妊婦さんにとって脅威になる存在が、それとわからない形で紛れ込んでいる」と表現する。

なぜ、妊婦にとって脅威になるのか。それは、妊婦が風疹に感染することによって、ウイルスが赤ちゃんにも感染し、「先天性風疹症候群」という病気になることがあるからだ。

「お母さんにとっては自分のお子さんがすべて」

妊娠20週ごろまでの妊婦が風疹ウイルスに感染すると、赤ちゃんにも感染し、先天性風疹症候群として、難聴や心疾患、白内障などの障害を持って生まれてくることがある。

そのため、妊娠20週ごろまでの妊婦は「風疹にかからない」こと、「風疹患者に接しない」ことに注意が必要になる。

日本では2012年、2013年に風疹が大流行し、それぞれ2386人、1万4344人の患者が報告された。関連して先天性風疹症候群になった赤ちゃんは45例、報告されている。

「流行によって患者数の増減はありますが、お母さんにとっては自分のお子さんがすべてです。もし、先天性風疹症候群を発症してしまったら、一生そのことと向き合わなければいけない」

その上で、平原さんが「私たちにとっては1人でも出たら“負け”なんです」と強く訴えることには、理由がある。風疹はワクチンで予防できる病気だからだ。

1/3ページ

最終更新:8/28(火) 16:30
BuzzFeed Japan

あなたにおすすめの記事