ここから本文です

小池祐貴が200M金メダル 体勢崩しながらゴールイン!同タイム決着制した

8/29(水) 21:20配信

デイリースポーツ

 「アジア大会・陸上」(29日、ジャカルタ)

 男子200メートル決勝が行われ、小池祐貴(23)=ANA=が自己ベストの20秒23で金メダルを獲得した。

 初代表の小池は準決勝2組を最後流しながら1着で決勝に進出。決勝でも楊俊瀚(台湾)と抜け出し最後はマッチレース。倒れ込むようにゴールし、同タイムながら優勝を決めた。

 「実感が湧かないんですけど、しっかり自分の力を出し切れて良かったと思います」。体勢を崩しながらの激走には「無我夢中でした」と笑顔で振り返った。