ここから本文です

HIFIMAN、応答性を向上させた平面磁界型ヘッドホンANANDA発売。9.8万円

8/29(水) 17:04配信

Stereo Sound ONLINE

超高感度設計採用で、スマホと組み合わせても楽しめる

 HIFIMAN JAPANから、平面磁界型ヘッドホンの新製品「ANANDA」が8月29日に発売される。価格は9万8000円(税別)。

 ANANDAは、同社平面磁界型モデルの中ではミドルクラスに属するヘッドホンで、搭載する平面型ドライバーNsD(NEO supernano Diaphragm)をさらに薄くすることで、レスポンスを向上させているのがポイント。

 弟分となる「SUNDARA」と同じく高感度に設計されているので、スマートフォンなどと組み合わせても十全に音楽を楽しめるとしている。

 イヤーカップは人の耳に合わせた形状を採用することで、自然なフィット感が得られるのに加え、ヘッドバンドにはSUNDARAと同じくアルミと皮革のハイブリッド構成とすることで、軽量化と装着性の向上を両立させている。

 主なスペックは、再生周波数帯域は8Hz~55kHz、インピーダンス25Ω、感度103dBとなる。

 なお、本機はリケーブルにも対応する。付属ケーブルのプレーヤー側のプラグは3.5mmステレオミニだ。

最終更新:8/29(水) 17:04
Stereo Sound ONLINE