ここから本文です

大坂なおみ 全米OP3年連続初戦突破、世界146位に快勝<女子テニス>

8/29(水) 1:30配信

tennis365.net

全米オープン

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は大会2日目の28日、女子シングルス1回戦が行われ、第20シードの大坂なおみが世界ランク146位のL・シゲムンド(ドイツ)を6-3, 6-2のストレートで破り、3年連続の初戦突破を果たした。

【錦織vsマーテラー 1ポイント速報】

この日、大坂は序盤から主導権を握り、ゲームカウント5-1とリードする好スタートを切った。第7ゲームのサービング・フォー・ザ・セットはブレークバックされたが、第9ゲームをサービスキープして第1セットを先取。

第2セットはツアー2勝を誇る元世界ランク27位のシゲムンドからリターンエースを決めるなどでブレークに成功すると、その後も強烈なサービスとストロークを武器にリードを守り、勝利を手にした。

2回戦では、M・ニクルスク(ルーマニア)とJ・グルシュコ(イスラエル)の勝者と対戦する。

上位シード勢が勝ち進むと3回戦で第11シードのD・カサキナ(ロシア)、4回戦で第5シードのP・クヴィトバ(チェコ共和国)、準々決勝で第2シードのC・ウォズニアッキ(デンマーク)と対戦する組み合わせ。

20歳の大坂は、2016・2017年の全米オープンで3回戦へ進出。今年は1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で四大大会初の16強入り、3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、プレミア・マンダトリー)ではツアー初優勝を果たした。

その他の日本勢では、前日の1回戦で奈良くるみは第15シードのE・メルテンス(ベルギー)に惜敗して初戦敗退となった。

最終更新:8/29(水) 1:30
tennis365.net