ここから本文です

錦織、酷暑の全米OP「ルールあっても無理。室内にして冷房効かせるしか・・・」<男子テニス>

8/29(水) 12:35配信

tennis365.net

全米オープン

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は大会2日目の28日に気温が40度近くまで達したため、大会側がエクストリーム・ヒート・ポリシーを発表した。

【錦織vsモンフィス 1ポイント速報】

エクストリーム・ヒート・ポリシーとは、男子の試合で第3・第4セット終了後に10分の休憩時間を設けるというもの。

この日は気温と湿気が高い中で男子シングルス1回戦が行われるも、6選手が途中棄権した。

第21シードの錦織圭は夕方過ぎに1回戦が始まったため酷暑を回避できたが、試合後の会見では「フロリダの夏みたいな、ちょっとおかしな天候だった。色んな選手が倒れていた。みんな人間なので大変です」とコメントした。

改善策について問われると「どんなルールがあっても無理です。(セット間に)10分あっても邪魔になるだけだし、リズムが崩れるし。全部インドアにして冷房効かせるしか・・・」と自身の見解を示した。

また、2020年に行われる東京オリンピックでの気候については「僕らは鍛えているので何とかなりますが、楽しみで来ている人が体調崩しちゃうのが1番怖いです」と述べた。

初戦を快勝した錦織は、2回戦で元世界ランク6位のG・モンフィス(フランス)と対戦する。

最終更新:8/29(水) 12:36
tennis365.net

あなたにおすすめの記事