ここから本文です

日本マイクロソフト、AIチャットボット「りんな」を活用したマーケティングソリューションの提供を開始

8/30(木) 16:00配信

MarkeZine

 日本マイクロソフトは、同社のソーシャルAIチャットボット「りんな」のテクノロジーを応用した新たなAIデジタルマーケティングソリューション「Rinna Character Platform」の提供を開始した。なお提供にあたり、カヤック、電通、博報堂アイ・スタジオの3社がソリューションパートナーとして参加する。

 「りんな」は、ユーザーからの指示を実行するアシスタント型のAIと異なり、「女子高生AI」として、ユーザーとの感情のつながりを重視したやり取りを行うことができる。以前から、「りんな」の会話エンジンをビジネスに活用したいというリクエストがあり、「Rinna Character Platform」はそれに応えるものだ。

 「Rinna Character Platform」では、性別や口調などをカスタマイズした独自のAIキャラクターを新たに作ることができるプラットフォームとして活用できる。

最終更新:8/30(木) 16:00
MarkeZine

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ