ここから本文です

メダリストを描く舞台「悲劇を上回る希望や光がある」

8/31(金) 11:53配信

チケットぴあ

1964年の東京オリンピックに出場したふたりのマラソンランナーの姿を描く舞台『光より前に~夜明けの走者たち~』が11月に上演される。稽古に先がけ作・演出を手掛ける谷賢一のワークショップが開かれ、主演の宮崎秋人、木村了、和田正人が参加。その後、マスコミに向けて合同取材会が行われた。

【そのほかの画像はこちら】

本作は、東京オリンピックで共に走るも、「父上様母上様 三日とろろ美味しうございました」から始まる有名な遺書を残しこの世を去った銅メダリスト円谷幸吉と、東京での失敗を克服し次のメキシコオリンピックでは銀メダルを獲得、今も現役で走り続ける君原健二という、「走る」以外はすべて好対照・正反対なふたりを描く物語。

円谷の終幕のショックからか、これまで1度も映像化も舞台化もされていないふたりのストーリー。けれど谷は「円谷幸吉の人生は悲劇だと思うんです。だけどその悲劇を上回る希望や光のようなものが、彼の物語の周りには付着している。そして、ある意味で円谷の悲劇を補填するようなカタチで君原健二という男はどう生きて走ったのか。ふたりの人生を並べてみることで見えてくることが増えると思いました」と語る。

そんなふたりを演じるのは、宮崎と木村。円谷を演じる宮崎は、走るのが嫌いで部活動なども避けてきたそうだが「舞台上で実際に走る走らないに関わらず、極力走っている人の精神になれるように」と、現在初のランニングや体作りに取り組んでいるという。木村は自身の演じる君原についてすでにかなり調べており、そのうえで「僕は走るのは趣味ですが、競技者ではないので、その精神状態などは知り得ない部分が多い。だけどそこは(選手経験のある)和田くんにも聴けるし、谷さんとのセッションもできそう。先が楽しみになるワークショップでした」と手ごたえを語る。

円谷のコーチ・畠野洋夫役を演じる和田は箱根駅伝にも出場経験を持つ経験者。「ランナーとして生きてきた、そして今俳優として生きている、それをひとつにまとめて、自分の中で大きな意味を見つけられる作品になりそうだと思っています」と、現役時代の経験をこの作品に注ぎ込む気概をみせる。

「ランナーの人生を借りて、生きるということ、戦うということ、孤独を描いていく。それが現代のお客さんとなにかのカタチでうまく出会うことができればいいなと今、思っております」と谷が語る本作。スポーツファンに限らずどんな人にも“光”をもたらす作品になるべく動き出した。

公演は11月14日(水)から25日(日)まで東京・紀伊國屋ホール(※11月14日(水)はプレビュー公演)、11月29日(木)から12月2日(日)まで大阪・ABCホールにて上演。

取材・文:中川實穂

最終更新:8/31(金) 11:53
チケットぴあ