ここから本文です

オーペス、全米ナンバー1の野外劇場レッドロックでのライブ映像を公開

8/31(金) 12:32配信

BARKS

オーペスのライブ映像作品『ガーデン・オブ・ザ・タイタンズ~オーペス・ライヴ・アット・レッド・ロックス・アンフィシアター』が11月2日に発売となる。2017年5月にコロラド州デンバーのレッドロック野外劇場で開催されたライブを収録したものだ。

◆オーペス映像&画像

かつて、米音楽雑誌「ローリングストーン」で全米ナンバー1の野外劇場と称されたこともあるこの会場は、赤い砂岩に挟まれた自然が作り出した野外コンサートホールで、ほのかに妖しく浮かび上がる砂岩の中で演奏される光景は、彼らの幻想的な音世界を具現化する場所として素晴らしいマッチングを見せている。彼らが築いてきたキャリアを濃縮したセットリストも魅力あふれるものだ。

1990年、ミカエル・オーカーフェルトを中心にスウェーデンのストックホルムで結成されたオーペスは、1995年にアルバム・デビューを飾った・メタルの破壊衝動に陰影を作り上げるように多層化させていくプログレッシヴ・ロックのアプローチは多くのロックファンを刺激し、彼らも作品ごとに独創性を高めていった。

とりわけ、のちにストーム・コロージョンでもタッグを組むことになる現代プログレ界のキーマン、ポーキュパイン・ツリーのスティーヴン・ウィルソンとともに作り上げた5th『ブラックウォーター・パーク』(2001年)は、彼らの出世作であると同時にプログレ・メタルの可能性を拡張した作品としてヨーロッパのみならずアメリカでも注目を浴び、より多くの人に知られることとなった。

その後、オーペスはROADRUNNER RECORDSから2005年に『ゴースト・レヴァリーズ』を発表、第1回目となる<LOUD PARK 06>で初来日を果たした。その後はリリース毎に来日公演を開催しているが、稀代のレコード・フリークとして知られるミカエルにとっても、日本はすっかり贔屓の国のひとつとなっている。

写真:Steve Thrasher

オーペス『ガーデン・オブ・ザ・タイタンズ~オーペス・ライヴ・アット・レッド・ロックス・アンフィシアター』
2018年11月2日 発売予定
【初回限定盤Blu-ray+2枚組CD】 GQXS-90360~2 / ¥7,500+税
【初回限定盤DVD+2枚組CD】 GQBS-90399~1 / ¥7,500+税
【通常盤Bu-ray】 GQXS-90363 / ¥5,500+税
【通常盤DVD】 GQBS-90402 / ¥5,500+税
※日本語解説書封入/日本語字幕付き
Blu-ray(DVD)
1.ソーサレス
2.ゴースト・オブ・パーディション
3.ディーモン・オブ・ザ・フォール
4.ザ・ワイルド・フラワーズ
5.イン・マイ・タイム・オブ・ニード
6.ザ・デヴィル・オーチャード
7.キャスプ・オブ・エタニティ
8.ヘアー・アパートメント
9.イラ
10.デリヴァランス
CD1
1.ソーサレス
2.ゴースト・オブ・パーディション
3.ディーモン・オブ・ザ・フォール
4.ザ・ワイルド・フラワーズ
5.イン・マイ・タイム・オブ・ニード
CD2
1.ザ・デヴィル・オーチャード
2.キャスプ・オブ・エタニティ
3.ヘアー・アパートメント
4.イラ
5.デリヴァランス

【メンバー】
ミカエル・オーカーフェルト(ヴォーカル/ギター)
フレドリック・オーケソン(ギター)
マーティン・メンデス(ベース)
マーティン・アクセンロット(ドラムス)
ヨアキム・スヴァルベリ(キーボード)

最終更新:8/31(金) 12:32
BARKS