ここから本文です

NHK×日テレが同時生放送 水卜アナは“紅白”“朝ドラ”に憧れ「夢は大きく」

9/3(月) 5:00配信

オリコン

 今から65年前の1953年に放送を開始したNHKと日本テレビが、来年2019年のラグビーW杯を中継を控え、『テレビ放送65年』『ラグビーW杯1年前』を記念した両局コラボデーを9月22日に実施する。同日は、特別番組『NHK×日テレ同時生放送!テレビ65年 スポーツのチカラ』(前10:30) が両局で同時生放送される。このほど特別番組の司会を務めるNHKの武田真一・桑子真帆、日本テレビの桝太一・水卜麻美アナウンサーから互いの印象や憧れの番組について語ったコメントが到着した。

【写真】水卜麻美アナウンサーらソロカット

 同番組では、両局の同時刻に同じスタジオから生放送を行い、テレビ放送開始以来、多くの人に喜び・涙・感動を与えてきた『スポーツのチカラ』をテーマにこの65年間、日本中が心を震わせた名場面・名勝負から、テレビのスポーツ中継にまつわる知られざるエピソード、さらに『2020東京オリンピック・パラリンピック』や、来年9月20日に開幕するW杯ラグビーの話題をそれぞれの演出で届ける。

 放送に先駆けて公開する特設サイトでは、特別企画『テレビにかじりついたスポーツ名場面!視聴者投票でランキングを発表』を実施し、65の名場面の中からどれが見たいか、投票を受け付け中。結果は番組内で紹介される。特別番組のほかにも『NHK(日テレ)でおなじみのあの人が、日テレ(NHK)のあの番組に!?』といった驚きが満載のコラボレーション企画を朝から夜にかけてさまざまな番組で放送していく。
 
 互いの局のアナウンサーの印象について聞かれた武田アナは「水卜アナは、飾らない自分をそのまま表現できる、才能溢れた方だな、と思いました。PRの撮影で“食べる”シーンがあったのですが、評判に違わず見事な食べっぷりに感心しました」とイメージ通りの素顔に驚き。桑子アナも「桝アナは、さわやか! テレビで拝見するままの印象でした。人当たりが丁寧で物腰がやわらかくて、それでいて意気込み収録やインタビューになるとしっかりキメる。バランス感覚の優れた方だなと感じました」と称賛した。

 一方、「武田アナは、テレビで拝見していた通り、柔和で誠実な方、という印象でした。有事の際にも心を落ち着けてくれるような、あの優しい低音ボイスを生で聴くことができて幸せでした」と桝アナはうっとり。また桑子アナには「飾ることのない人懐っこい雰囲気に、どことなく水卜アナと共通するものを、勝手に感じております」と親近感を抱いたそうで、水卜アナも「桑子アナは、明るくて、かわいくて、一緒にいてとても楽しくて、撮影もあっという間でした! 凛とした美しさと、中身の面白さのギャップがまた素敵です。また食事に行く計画を立てています」とすっかり打ち解けた様子だった。

 また、互いの局の番組で出演したいものについて武田アナは「家族でよく拝見しているのは『世界の果てまでイッテQ!』」と挙げ「世界のお祭りに出場してみたいです。出演者のみなさんのど根性とチームワークが素晴らしく、あの仲間に入りたいな、と思えるような雰囲気になっているのは、さすがだなあ、と思っています」といい、桑子アナは「『スッキリ』の天の声さんをやってみたい! 冒頭の『お~はようございま~す!』が大好きなんです。『クイズッス』のあの雰囲気が好きすぎです」と知られざる他局番組への想いを明かした。

 桝アナは「『ダーウィンが来た! 生きもの新伝説』前身の『生きもの地球紀行』『地球!ふしぎ大自然』の頃から大ファンだった憧れの番組で、毎週録画しています」と“生き物好き”ならではのチョイスで「伝えるのが難しいテーマからも決して逃げることなく、工夫に工夫をこらして興味深い表現の仕方で見せる姿勢を、心から尊敬しています」と憧れの眼差し。水卜アナは 「夢は大きく、『紅白歌合戦』、そして朝の『連続テレビ小説』に、1秒だけ出てみたいです! とにかく、昔から見ていたので…一瞬でも映り込むだけで記念になりそうです」」と熱望していた。

最終更新:9/4(火) 20:25
オリコン

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ