ここから本文です

【特集】“嘘の勤務先”売ります 「アリバイ屋」の実態とは

8/31(金) 14:13配信

MBSニュース

依頼に応じて嘘の証明書などを作って架空の会社勤務を装う手助けをする「アリバイ屋」。一体、誰がどのような目的でこの業者を利用しているのでしょうか。

勤務先を偽装できる“アリバイ屋”

「住居を構えたいのですが、現在は定職がありません。LINEのところで申し込みをして、ここから始まりました」(Aさん)

建設現場などを渡り歩き、日雇いの仕事を生業としているAさん(58)。2年以上もの間、決まった住居を構えずに暮らしている。

「出張に行けば宿付きで仕事があったんで、仕事がないときにネットカフェとかそういうところで生活していたので。日雇いみたいな形で収入を得てますので、部屋を借りたいと思ったときに固定収入がないということで部屋が借りられない」(Aさん)

そんな中、ある業者の存在に目が止まったという。

「スマホでいろいろ検索してたら“アリバイ屋”というものがヒットした」(Aさん)

Aさんが見つけたのは「アリバイ会社」を名乗るK社のホームページ。「社会的地位を提供するサービス」「完全成功報酬」などという言葉が記されている。依頼に応じて架空の勤め先などの書類を作っているようだ。

やりとりはすべてLINE。K社とのやり取りはこんな文言から始まった。

「弊社は賃貸専門のアリバイ会社です。在籍会社のご用意から確認の電話対応、各種書類の作成まで承っております。源泉徴収票、給与明細の発行は可能です」(K社)

アリバイ作りの構図はこうだ。アリバイ会社はまず嘘の給与明細などを作るため、「在籍会社」を用意。Aさんがこの会社に勤めているように装って給与明細などを発行する。そして、Aさんがこの会社に勤務していると書類に記載し、住宅の賃貸契約を申し込む。管理会社や保証会社から在籍確認の電話があった場合も、「うちの従業員です」と返答することでAさんの勤務先を偽装できるというわけだ。

実際にAさんの手元に届いた会社概要と偽造された源泉徴収票。大阪市中央区に本社を置く従業員7人のIT企業で、業務内容はコンピュータの開発などと書かれている。偽装された源泉徴収票の年収欄には712万円と記されていた。

「簡単にLINEだけで全部できてしまって、源泉徴収まで送ってこられたので、ちょっとこれはまずいんかなと思って。成功報酬は10万4000円ですと。断り方をいま考えてるところです」(Aさん)

怖くなったAさんは結局、書類を使うことはないとアリバイ会社に伝えたという。

1/3ページ

最終更新:8/31(金) 14:13
MBSニュース

あなたにおすすめの記事