ここから本文です

イモトアヤコ『下町ロケット』でTBS連ドラ初出演「気合いを入れております」

9/2(日) 10:00配信

オリコン

 タレントのイモトアヤコが、10月スタートのTBS系日曜劇場『下町ロケット』(毎週日曜 後9:00)で同局連ドラ初出演することが、わかった。新シリーズの鍵を握るベンチャー企業・ギアゴースト副社長の天才エンジニア・島津裕役に起用されたイモトは「月曜日からまた『よし!』と思ってもらえるよう日曜日の夜を盛り上げていけるギアの一部になれたらなぁと気合いを入れております」と意気込んでいる。

【写真】製作所のメンバーも出演決定

 同ドラマは2015年の10月期に放送し好評を博した『下町ロケット』の新シリーズ。第145回直木賞を受賞した池井戸潤氏の小説『下町ロケット』シリーズの第3弾『下町ロケット ゴースト』(小学館)を原作に、佃製作所メンバーの新たな戦いが開幕する。主人公・佃航平には阿部寛、ヒロインである佃航平の娘・佃利菜役には土屋太鳳、立花洋介役の竹内涼真、山崎光彦役の安田顕、殿村直弘役の立川談春、そして佃航平の盟友で帝国重工宇宙航空開発部・部長の財前道生役の吉川晃司、帝国重工社長・藤間秀樹役の杉良太郎が続投する。

 島津の属するギアゴーストは、創業5年のベンチャー企業。トランスミッションを主戦とし、パーツのひとつひとつをコンペで選定し外注するという新たなビジネスモデルで急成長中。島津は元帝国重工の社員で“天才エンジニア”と呼ばれながら、現在はギアゴーストの副社長でもあり技術者として開発にあたっている。佃製作所はひょんなことからトランスミッションに使用するバルブのコンペに参加することになり…。島津は佃をはじめとする佃製作所のメンバーとも深く関わっていくキーマンとなる。

 イモトは「今回『下町ロケット』という大好きな作品に参加できることがうれしくてたまりません。私が演じる島津という女性は純粋にものづくりを愛するプロフェッショナルな誠意ある技術者です。私自身、好きなものは好きと言える人でありたいと日々思っております。そういった本当のことを生かしながら今回島津という女性を演じられたらと思います」とやる気をみせる。

 伊與田英徳プロデューサーは起用理由について「ある舞台で、芝居に対して体当たりで向き合っていらっしゃるイモトさんを見て感動したことを昨日のことのように覚えています。イモトさん演じる島津裕は原作でも個性が強く、新シリーズの大きな鍵を握る印象的な役どころです。この島津という役を、あの真っすぐな目をして演じていたイモトさんに是非ともお願いしたいと思いオファーしました」と説明。

 クランクインは阿部演じる佃社長とのツーショットのシーンからだったそうで「良い緊張感のもと素敵なシーンが撮影でき、これからがますます楽しみになりました。女優としてのイモトさんの本気の演技に期待しています。皆さんも楽しみにしていてください」と呼びかけている。

最終更新:9/4(火) 10:25
オリコン