ここから本文です

<関東大震災95年>なぜ朝鮮人虐殺の事実を直視しないのか デマとトリックに騙されないために(加藤直樹)

9/1(土) 5:30配信

アジアプレス・ネットワーク

◆「私の祖父はあの時、刺されました」

今日は9月1日。1923年の関東大震災から95年が経ったことになる。

私が関東大震災時の朝鮮人虐殺を描いた『九月、東京の路上で』を刊行したのは、2014年3月のことだが、その翌年、横浜で講演する機会があった。話し終えて片付けをしていると、小柄なおばあさんが近づいてきて、穏やかな表情のままで、こう語った。

写真特集 関東大震災の虐殺事件現場を行く(写真9枚)

「私の祖父はあのとき、トビ口でここを刺されました」

「あのとき」とはもちろん、関東大震災時のことだ。そして、「ここ」とは後頭部のこと。彼女はそのとき、人差し指で自分の後頭部をトントンとたたきながら「ここ」と示したのである。

「奇跡的に生命はとりとめましたが、その後、朝鮮に帰りました」

彼女が日本にいるということは、彼女の父か母の代で、再び日本に来たということだろうか。生命はとりとめたとはいえ、障害は残ったはずだ。言葉に窮している間に、おばあさんはどこかに行ってしまった。

その後、実は私の父が、私の祖父が…という話を、在日朝鮮人からも日本人からも何度も打ち明けられた。私の目の前にいるのが、あのとき殺されていたかもしれない人の子孫なのだという事実は、胸に重かった。

朝鮮人虐殺の記録は、当時の公文書から地域住民の手記に至るまで様々な形で残されている。あまり知られていないが、中国人も殺されている。虐殺事件はその後、歴史学のテーマとして研究されるようになり、今はたいていの中学の歴史教科書にも記されている。そうした研究の蓄積を踏まえてまとめられたのが、2008年に内閣府中央防災会議の専門調査会が発表した「1923関東大震災【第2編】」だ。特にその第4章が虐殺事件に当てられている。

◆自民党の赤池議員がトリック本もとに虐殺否定

ところがこの報告について「到底信じられません」と切り捨てた人物がいる。自民党の赤池誠章議員である。2014年9月1日付の「防災の日 関東大震災を考える」と題された彼のブログ記事で、そう書いている。ところがその根拠は、「災害救助のために、ボランティアなど支援を惜しまない私たち日本人が… 根拠なき『流言蜚語』によって、多数の無辜の朝鮮人を虐殺した」などとは信じられない、というだけだ。さらに、中央防災会議の報告をあっさりと否定する一方で、工藤美代子『関東大震災「朝鮮人虐殺」の真実』を「大変な労作、好著が出版されました」と賛美する。

さまざまなところで指摘してきたが、この工藤氏の本は「朝鮮人虐殺などなかった。デマだとされてきた朝鮮人暴動や井戸への投毒は事実であり、朝鮮人殺害は正当防衛だったからだ」と主張するトンデモ本である。

ネットに流布される朝鮮人虐殺否定論のほとんど唯一のネタ本だが、その内容は、流言をそのまま書いていた震災直後の新聞記事を証拠として無前提に示したり、工藤氏以外は誰も確認できない「後藤新平の一言」なるものを登場させて自説を補強したり、参考文献の名を挙げながらそこに書かれていないことを書くなど、初歩的なトリックを並べたものだ。詳しくは私と友人たちが制作したサイト「『朝鮮人虐殺はなかった』はなぜデタラメか」をご覧いただきたい。

赤池氏は「以上が真実だとすれば」と一応前置きしつつも、「『朝鮮人虐殺』という自虐、不名誉を放置するわけにはいきません」「テロ対策の面からも学ぶ」べきだ、として工藤氏の本の内容を肯定し、さらに「政府は改めて事実調査をすべきだ」と結んでいる。話の流れを見れば、これは工藤氏の主張に立って中央防災会議の報告を見直せと言っているのに等しい。

実は、この赤池氏は自民党文部科学部会の部会長である。いわゆる「文教族」だ。そして今年3月、前川喜平前文部科学事務次官が名古屋市の市立中学校で行った講演に対して文部科学省が不当な介入を行った際、文科省にそれを促した自民党の議員2人のうち1人でもある。教育行政に強い影響力をもつ与党政治家が、心優しい日本人が虐殺などするはずがないという程度の「根拠」で虐殺否定論を受容しているのだ。恐ろしいことである。

1/2ページ