ここから本文です

あの新小岩駅にとうとう「ホームドア」が 10月下旬から本格稼働

9/2(日) 12:45配信

J-CASTニュース

 総武線の快速と中央・総武線の各駅停車の電車が行き交うJR・新小岩駅(東京都葛飾区)。

 JR東日本が発表している乗車人員によると、17年度は一日平均7万6565人が利用。また、不動産・住宅情報サイトのライフルホームズによればマンションなどのワンルームの相場が6万9600円台と、都心に比べれば安いことなども、駅を利用する住民が多い要因だろう。

 だが一方で、ホームから走行する電車に飛び込み、人身事故が絶えない駅としても知られる。つい10日ほど前の2018年8月17日にも人身事故が起きたばかりの同駅で、8月下旬にとうとうホームドアが姿を現した。

■「人身事故」多発に悩まされる

 2016年6月に東洋経済オンラインが配信した「全国521駅『10年累計鉄道自殺数』ランキング」によると、2005年度から2014年度までの10年間で、新小岩駅で発生した鉄道自殺数は30件に及ぶという。

 JR東日本は6月、葛飾区や東京都などの協力の下、同駅総武快速線で10月下旬からホームドア使用を開始すると既に公表していた。

 続報として、葛飾区は8月22日、8月20日~27日まで同駅の快速線ホームドア本体の設置工事を行うと発表。今回の工事は本体部分のみの設置にとどまり、ドア部分は稼働しない、としている。使用開始時期はJR東日本の発表と同様に10月下旬だ。

 9月2日時点で、本体の工事は終わったようだ。ツイッター上では、ホームドアが設置されていたことに対し写真や文章で反応する人が続出した。

  「新小岩にホームドアが...!」
  「ついに新小岩にホームドアが設置された! まだ開閉していないけど、、」
  「新小岩マジでホームドア生えてて草」

人身事故を防ぐホームドアの稼働まで、あと2か月を切った。

最終更新:9/2(日) 12:45
J-CASTニュース